【お遍路に行く2】四国八十八箇所第四十九番札所・浄土寺

行ってたのは平成28年8月28日。
お遍路遠征七回目。この日、六つ目のお寺です。

四国八十八箇所 第四十九番札所
西林山 三蔵院 浄土寺(さいりんざん さんぞういん じょうどじ)

四十八番札所からは車で10分ぐらい。駐車場はお寺の近くにありました。駐車場から歩いて境内へ向かいます。

まずは仁王門があるんですけど、写真を撮り忘れてました…。前回来た時も撮り忘れてた…。

仁王門を抜け、石段を上がった所が境内になります。

境内はかなり小ぢんまりしています。街中にあるお寺なんですけど、それを感じさせない程静かでのんびりとした雰囲気。

鐘楼は石段を上がったすぐの場所にありました。奥に見えてる建物は納経所。

手水場の写真も撮り忘れてました…。手水場は石段の下にありました。

時間に余裕が無くなってくると焦ってしまって、こんな風に何か抜かってしまいます…。

時間も無いので境内へ到着してすぐ参拝開始。まずは本堂より参拝しました。

本堂は文明16年(1484年)建立で国の重要文化財。本堂の厨子には、室町時代から江戸時代にかけてお遍路さんが残した落書きが残っているそうです。見てみたいけど非公開…。

次は本堂の右隣にある大師堂へ参拝しました。

ちなみに、本堂の左隣には阿弥陀堂や愛染堂が並んでいます。

このお寺は、踊念仏の開祖として知られる空也上人とゆかりが深く、かつてこのお寺に滞在した際に自ら彫ったとされる自像が本堂の厨子に安置されているそうです。

厨子は非公開なので、こちらも写真でしか見る事が出来ません…。残念…。

参拝終了後は御朱印を頂きに納経所へ。かなり駆け足の参拝となってしまいました…。

一休小僧は大師堂前に一体だけしか見当たらず。何故かこっそりと隠れてました(笑)。

納経所で無事御朱印を頂き、急いで五十番札所へ向かいました。続く…。

浄土寺DATA
本尊:釈迦如来
真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
宗派:真言宗豊山派
開基:恵明上人
御詠歌:十悪(じゅうあく)の わがみをすてずそのままに じょうどの寺へ まいりこそすれ
電話番号:089-975-1730
住所:愛媛県鷹子町1198
駐車場:有料・45台(境内まで徒歩3分)
※料金は納経所で精算。普通車100円、ワゴン車200円、マイクロバス500円、中型バス以上1,000円
宿坊:なし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です