【こんぴらさん(金刀比羅宮)へ行く】表参道~桜馬場西詰銅鳥居・上り編

1月4日(木)にこんぴらさん(金刀比羅宮)へ行ってきました。
以前に行ったの何時だったかな?と調べてみると・・・


そんなに前だったんだ・・・。まだ末っ子は生まれてなかったもんな・・・。
正月三が日はかなり混むと聞いてたので予定から外しました。
四日目になると空いてくるんじゃないかと思って行ったんですが、混んでましたね(笑)。

表参道に近い駐車場へ車を停め、上り口へ向かいます。
駐車場は客引きが凄いので注意!ある程度事前に調べてから行きましょう!

IMG_7234

いよいよ一段目がある場所へ到着。気合を入れて登って行きますよー!

IMG_7236

最初の方は結構楽しいんですよ。お土産屋さんとかが両脇に並んでたりするので。

IMG_7237

よさげなカフェとか休憩処とかもあって誘惑が多い(笑)。

IMG_7238

お店によっては杖の貸し出しなんかもやっています。返しに来ないといけないですが・・・。

IMG_7239

まだ100段かあ・・・と言う声が、あちこちから聞かれました(笑)。

IMG_7240

登って行く途中に一之坂鳥居があります(写真撮り忘れ)。
その脇に備前焼で作られた狛犬がありました。
天保十五年(1844年)に奉納されたモノで、大きさは高さ約五尺。かなりの迫力。

IMG_7243

狛犬から少し行った所には、灯明堂と吊り灯篭がありました。
この灯明堂は安政五年(1858年)に建てられたモノだそうです。
逆光で写真が見にくいですがお許しを。

IMG_7245

この辺りはまだまだ余裕。ゆっくりと石段を上がって行きます。

IMG_7249

階段の上になんか見えて来た!

IMG_7255

大門まで到達!右手に見えるのは青銅大灯篭。

IMG_7260

大門の手前には金刀比羅本教総本部の建物があります。明治10年(1877)建立。

IMG_7257

金刀比羅本教総本部の向かい側には鼓楼と清塚がありました。
清塚は、あの清少納言にゆかりがあるモノだそうです。なんかスゴイ!

IMG_7266

大門から下を見下ろしてみました。だいぶ上まで登ってきました。
ちなみに大門までは365段。本宮までは785段なので、やっと半分来た所ですね。

IMG_7267

大門を抜けた所では飴を売ってるお店があって、五人百姓と言うそうです。
特別に宮域での商いを許されているんだそうです。買わずに先を急ぎます(笑)。

IMG_7269
IMG_7271

大門から続く石畳の参道は桜馬場と呼ばれるそうです。両脇には沢山の石灯籠が並びます。

IMG_7275

平坦な桜馬場を進んで行くと、石段が現れます。石段を登ると・・・

IMG_7290

桜馬場西詰銅鳥居へ到着。

IMG_7291

鳥居の脇にはこんぴら狗の銅像があり、参拝客の方が次々と記念撮影をしていました。

IMG_7277

鳥居の左側は広場になっています。

IMG_7278

広場の片隅には象の像。書くとややこしいな(笑)。

IMG_7279

奥の方へ行くと巨大プロペラ。造船会社が奉納したモノだそうです。

IMG_7287

御厩はこの広場にあります。御厩では神馬が飼養されています。
神馬は神様がお乗りになるための馬です。

IMG_7281

トウカイ・スタント号は姿が見えず。
よく見ると人間が写ってますが、トウカイ・スタント号ではありません(笑)。
飼育員の方かな?

IMG_7284

月琴号はちゃんと居ました。一目見ようと沢山の人だかりが出来ていました。
広場を少し散策した後、参道へ戻り本宮へ向かいました。
長くなるので記事は一旦ここで終了。次の「桜馬場西詰銅鳥居~御本宮・上り編」へ続く・・・

by カエレバ

 


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です