【黒潮町入野】砂浜美術館「第35回 Tシャツアート展」へ行く。パート1




毎年楽しみにしている「Tシャツアート展」。今年は5月2日(火)~5月7日(日)の日程で開催されてました。自分達は5月6日(土)に行く事が出来ました!

まずは「いろりや」さんでうどんを食べてから会場へ(笑)。

この日は生憎の天気と言う事もあり、会場周辺の道路は全然混んでなかったです。

あと、いつも駐車するのに苦労するんですが、今年は何と会場に一番近い駐車場に難なく停める事が出来ました。「Tシャツアート展」へはだいぶ来てますが、初めての経験です(笑)。

今年は会場入口での検温と消毒等は無く、そのまま砂浜の方へ向かいました。周辺には屋台が出てて賑やかな雰囲気。色々と買ったりしたんですが、そちらはパート2で紹介したいと思います。

天気の方はご覧の通り今にも雨が降りそうな感じ。時折、小雨が一瞬降るくらいだったので、傘一本持ってれば平気な感じでした。風は少し強かったかな。

砂浜の入口で協力金一人300円を支払い、いよいよ会場へ!このワクワク感が堪らないですね(笑)。

今年も来ることが出来てよかったです。しかしほんと人が少なかったです(笑)。まあこんな天気だと仕方ないですよね。写真を撮っても全然映えないし(笑)。

今年はポストが砂浜入口の近くに設置されてました。実際に手紙を送る事が出来るんですよ。

写真を撮るのに苦労するドアもこの日は撮り放題です(笑)。

取り敢えず会場内をウロウロと歩き回りながらTシャツを鑑賞していきました。

こんな天気で鑑賞するTシャツや砂浜もなかなか乙な雰囲気でした。空いてるし自分はこちらがいいかも(笑)。

ただ、時折小雨が降ってたのでそれだけは勘弁でしたね。

色んなTシャツがひらひらしてて楽しいです。

この日は波が高く、波打ち際まで行くのがちょっと怖かったので遠くから写真を撮りました(笑)。

やっぱり映えないなあ(笑)。

サーファーさんも全然居なかったですね。さすがにこの天候だもんなあ。

砂浜に出現した教室はこの日はやってませんでした(笑)。

でも何だかいい雰囲気でした。

何だか見覚えのあるイラストが描かれたTシャツが複数ゆらゆらしてたので近付いてみると…。

まきのさんTシャツでした!

砂で作った表彰台?

表彰台のすぐ近くにはこんなものが並んでました。

ビーサン飛ばし大会があったからそれのやつかな?

ちょっと崩れてるものもあったのがちょっと物悲しかった(笑)。

天気がいいと暑くてそんなに長い時間居られないんですけど、この日は涼しく、時折降る小雨を覗けばかなり過ごしやすかったので、結構長い時間砂浜に居ました。

シートでも敷いて砂浜に寝転がりたかったけど、時折小雨が降るので断念。それだけが残念でした(笑)。

人も全然増えないのでゆっくり見て回る事が出来ました。

長女がシーグラス探しに夢中になり始めて、更に滞在延長(笑)。でも一個も見つからずに残念そうでした。どっか見つかるポイントがあるんでしょうね。

段々と小雨が降る間隔が短くなってきました。そろそろ本降りしそうな雰囲気…。

本降りする前に屋台で色々と買っておこうと砂浜を後にする事にしました。この判断は大正解!

いつもとは違った雰囲気の「Tシャツアート展」でしたが、めちゃくちゃ楽しかったです。来年も行けるといいな。

パート2に続きます…。

第35回 Tシャツアート展
開催場所:高知県幡多郡黒潮町浮鞭3573-5【地図
開催期間:5月2日(火)~5月7日(日)
開催時間:9:00~17:00
問い合わせ先:0880-43-4915(NPO砂浜美術館)
※砂浜美術館についてはホームページ、最新情報はFacebookTwitterInstagramをチェック!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です