【お遍路に行く2】四国八十八箇所第十四番札所・常楽寺

行ってたのは平成26年1月26日。
お遍路遠征二回目。この日、四つ目のお寺です。

四国八十八箇所 第十四番札所
盛寿山 延命院 常楽寺(せいじゅざん えんめいいん じょうらくじ)

十三番札所からは車で約10分程度。駐車場は境内の奥にあります。
境内手前、池の近くにも駐車出来る様ですが、こちらを利用した方が無難かと。

移動途中に雨が止み、一安心…。

駐車場からは反対方向に本来の入口?がある為、一旦境内を横断し、石柱門から改めて参拝開始。
山門はありませんでした。

まずは手水場で心身を清めます。手水場も色んな形があって面白いですねぇ。

手水場の先はこんな風になっています。

鐘楼は手水場のすぐ近くに。

常楽寺と言えば、この「流水岩の庭園」が有名ですよね。
自然の岩盤が露出し、今も変形し続けてるそうですよ。ちょっと歩きにくいけど(笑)、必見です!

まずは本堂より参拝します。この脇道を奥に行った所に駐車場があります。

次は大師堂へ参拝。

本堂と大師堂の間に、「アララギの霊木」があります。よく見てみると…

木の股の部分に「アララギ大師」が祀られています。糖尿病、眼病に御利益があるそう。
こちらもちゃんと参拝しましたが、視力は良くならなかったですねぇ(笑)。

ちなみにこちらのお寺、四国霊場で唯一、弥勒菩薩を本尊としています。
弥勒菩薩は、釈迦入滅後の56億7千万年後にこの世に現れ、衆生を救済するとされる未来仏。
スケールが大きすぎて何が何だかよく分からない(笑)。

小坊主はちゃんと揃ってました。

参拝終了後は納経所へ。無事御朱印を頂き、十五番札所へ向かいました。続く…。

 

常楽寺DATA
本尊:弥勒菩薩
真言:おん まい たれいや そわか
宗派:高野山真言宗
開基:弘法大師
御詠歌:常楽の岸には いつか到らまし 弘誓(ぐせい)の船にのりおくれずば
電話番号:088‐642‐0471
住所:徳島県徳島市国府町延命606
駐車場:10台(境内まで徒歩3分・無料)
宿坊:なし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です