【お遍路に行く2】四国八十八箇所第二十九番札所・国分寺

行ってたのは平成28年5月7日。
お遍路遠征四回目。この日、最後のお寺です。

四国八十八箇所 第二十九番札所
摩尼山 宝蔵院 国分寺(まにざん ほうぞういん こくぶんじ)

二十八番札所から、車で30分弱位で到着。駐車場は境内のすぐ近くにあります。

駐車場から歩いて境内へ向かいました。

まずは立派な仁王門が目に飛び込んできます。

仁王門を抜け、真っすぐ伸びた参道を本堂の方へ向かいます。

参道沿いに手水場がありました。

鐘楼も参道沿い、手水場の近くにあります。

まずは本堂から参拝。杮葺きの屋根は何年か前に修復されて綺麗になりました。

次は大師堂へ参拝。参拝後は境内を散策する事にしました。

大師堂の前には「酒断地蔵」があります。お酒を止めたい方は願掛けするといいかも。

「開山堂」は境内にひっそりと建っていました。なかなか雰囲気があります。

国分寺は、聖武天皇の勅願により全国に建立された国分寺の一つで、天平13年(741)年頃に行基によって建立されました。

この近くには国府跡もあり、この辺りはかつて土佐国の中心であった場所。「土佐日記」で知られる紀貫之も、国司として4年間この近くに滞在していたそうです。

時間があれば辺りを散策するのもいいかもしれないですね。

国分寺は自分が好きなお寺の一つで、お遍路以外でもちょくちょく来てたりしてました。この独特な落ち着いた雰囲気がいいんですよ。やはり歴史のある場所は何か違う雰囲気がありますね。

そろそろ御朱印を頂こうと、納経所の方へ向かいました。

納経所は写真に写ってる門の向こうにあります。門の向こうに見えてる左手の屋根の建物です。

綺麗に整えられた庭園がありました。右手奥に見えるのが「光明殿」。左手に見えるのが「客殿」で、ここに納経所があります。

無事御朱印を頂き、再度庭園を眺めてました。時間の関係でこの日はこの札所で打ち止めとなりました。

次回は自宅に最も近い札所からスタートです(笑)。続く…。

国分寺DATA
本尊:千手観世音菩薩
真言:おん ばざら たらま きりく
宗派:真言宗智山派
開基:行基
御詠歌:国を分け 宝を積みて建つ寺の 末の世までの利益残せり
電話番号:088‐862‐0055
住所:高知県南国市国分546
駐車場:50台(境内まで徒歩3分・無料)
宿坊:なし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
デアゴスティーニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です