熱い男の時代。






【決定版】 図説・幕末志士199 (歴史群像シリーズ特別編集 )
僕の歴史好きはこの時代に興味を持ったのが始まり。
高知出身なので、どうしても避けては通れません(笑)。
坂本龍馬、知らない人はいないでしょう。
高知ではいろんなものにこの方の名前がついてたりします。
何でもかんでもこの名前をつけときゃいいだろう、
みたいな発想がどうかなぁと思ったりもしますが・・・・・。
話がそれたので元に戻ります・・・・・・
この本には題名の通り、199名の幕末志士を紹介しています。
かなり有名な方から、あまり一般には知られていない方まで。
しかしいづれの方も、日本という国の行く末を案じ、
それぞれの考えに基づいて行動された立派な志士達ばかり。
そして、ひとりひとりの歴史を読んでいると、
なんだか気持ちが熱くなってくるのです。
この時代は、熱い人達が、熱く行動していた時代、
そんな風に思ってしまうのです。
松岡修三がそこらじゅうにいるような(笑)、
そんな時代じゃなかったのかな、なんて思います。
=======================================
何かいい本ないかなぁ~、と
毎日の様に本屋さんで立ち読みしています。
本屋さん、ゴメンナサイネ・・・。たまには買いますから。









16件のコメント

M’zさんこんばんは。
南部といえば盛岡藩?
奥羽越列藩同盟、という事は・・・・・。
もう仲直りしましょう(笑)。

コメントをいただき、ありがとうございました。
日本シリーズは日本一を決める戦いですので、やはり両リーグの優勝チームで争うべきだと思います。

梅太郎さんこんばんは。
こちらこそいつもありがとうございます!
そうですよね、日本シリーズは日本一を決めるのだから。
来年はどうなっちゃうんでしょう?

みゆぽけさんこんばんは。
熱い男=松岡修三しか思いつきませんでした(笑)。

歴史好きの友達の子供の名前
「海舟」と「竜馬」なんですよ(@_@;)
しかも、双子!
外出先で呼ぶと
まわりに振り向かれます(笑)

xich-loさんこんばんは。
歴史好きにもほどがありますね!(笑)
竜馬はともかく海舟はいかがなものかと・・・・・。
慎太郎にすればよかったのに(笑)。

私は竜馬ふぁんです
(幕末好きでもあります)
松岡修三がそこらじゅうにって・・・笑
いい例えですね♪
松岡修三の熱さも好きですよ。

pona*さんこんばんは。
そういえばプロフに書いていた様な・・・・・。
幕末好きなのですね。
幕末は熱いですね!

はい、書いてました。^-^
吉田松陰とかも熱すぎて
早死しちゃったようなものですよね。
そんな熱い志士が199人!
おもしろそうですねー!!

pona*さんどうもです。
幕末の志士の方は
早死にされた方が多いような気がします。
みんな熱すぎたのですよ!
この本、かなりのお気に入りです(笑)。

こんばんわ。
僕も坂本竜馬好きです!!
最近忘れてましたが、僕も一時期あの時代の話にはまってました。また、色々見てみようかなぁ、良い機会ですし。僕も、熱い男になりたいですね。

TAKEMOTOさんこんばんは。
熱くロッケンソウルで行きましょう!(笑)
この時代はハマリますね~。

おはつです。
幕末志士。
個人的には高杉晋作が一番好きですね。
でも幕末の風雲に後ろ盾なくして飛び出して行き、白刃の中に倒れていった土佐郷士は純粋に凄いと思いますね。
青春のはけ口といってしまえばそれまでなのでしょうが、この暴走がやがて維新の原動力になってゆくのですから。
その中でも坂本龍馬という人物は実に不思議で魅力ある人物ですね。
武士としては一番最下級の身分ながら勝や越前公と付き合ってたわけすから。
そのうち土佐に行ってみないと・・

どら猫さんこんばんは。
初めまして!!コメントありがとうございます!
竜馬は凄く魅力のある人間だったのでしょうね。
だから高い身分の方も竜馬とは対等に付き合っていたのではないかと。
高杉晋作も竜馬には鉄砲を贈っています。
あの高杉晋作ですよ!!
両名とも長く生きていればどんな歴史になったのでしょうね。
土佐は今でも自然がいっぱいですよ。
っていうかそれしか売りがありません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です