【高知城・高知公園】「高知城 花回廊2019」へ行く。パート2

パート1から続き…。写真が重いので予めご了承下さい…。

【高知城・高知公園】「高知城 花回廊2019」へ行く。パート1

2019年4月9日

二の丸から廊下門を通って天守閣へ。

廊下門もにも展示があり、いつもと違った雰囲気。

ここにも生け花がありました。何やら怪しげな雰囲気ですね(笑)。

いよいよ本丸へ。

本丸にももちろん生け花が展示されてました。これを見て豊臣秀吉公の兜を思い出してしまったのは自分だけでしょうか(笑)。

通常なら天守閣は閉館している時間ですが、この日はイベントに合わせて21時迄入館可との事。せっかくなので上まで上がってみる事にしました。

ちなみに大人(18歳以上)420円の入館料が必要です。18歳未満はなんと無料!

中へ入ると、正殿の方でちょうど琴の演奏が行われていました。何とも贅沢な時間…。

天守閣内の写真も撮ってたんですけど、いつもとそんなに変わり映えしないので割愛(笑)。一気に天守最上階へ。

人が沢山かと思いきや、ほぼ貸し切り状態でした!意外にも上まで上る人は少ないんですね…。

夜に天守最上階まで来たのは初めてかもしれない…。昼間の眺望もなかなかですが、夜の眺望もまた格別ですね…。

ただ、ここを夜歩くのはかなり怖かったです(笑)。

夜景を十分に楽しんだ後、下へ下りていきました。

東多聞の展示室なんかも見学したんですが、こちらもいつもと変わりないので割愛(笑)。

本丸の方へ戻り、黒鉄門は閉鎖されてたので廊下門を抜けて二の丸へ。

梅の段の方でも展示があるとの事だったので、二の丸からそちらへ向かいました。

梅の段までやってくると、石垣がライトアップされてるのが見えました。荘厳な雰囲気。

ここでも色んな展示がありました。

この辺りはかなり暗いので写真撮影がかなり厳しかったです…。三脚なんか持っていってないので手ブレしないようにひたすら固まって動かない様に撮影しました(笑)。

まあそれでもやっぱりブレちゃうんですけどね(笑)。

和傘?は去年もありましたが、今年はフラフも一緒に展示されてました!かなりの迫力。

何とも幻想的ですね…。この辺りになると人もかなり多くなってきました…。でも去年行った時に比べると全然少なかったかな。

このイベントのクライマックス!といつも勝手に思ってるんですけど(笑)、石垣とカラフルな布、桜と灯りが組み合わさってかなり幻想的で素敵な展示でした。

去年は桜が散っちゃってたんですけど、今年は満開!

多くの方が記念撮影されてました。人が入らないように撮影するのがめっちゃ大変だった…。

これで展示は終わりでした。今年も楽しかった!

これ位暗くなると、プロジェクトマッピングもはっきりくっきりと見れますね。

一通り見て回った後、高知城を後にしました。今年も来る事が出来てよかったです。

「高知城歴史博物館」も開館時間を延長してたみたいです。さすがに行く気力が残ってなかったのでスルーしてしまいましたが(笑)。

来年もまた来られるといいな。今から楽しみです(笑)。

高知城 花回廊
開催場所:高知城、高知公園(高知県高知市丸の内)【地図
開催期間:平成31年4月5日(金)~4月7日(日)
開催時間:18:00~22:00(最終日の7日のみ21:00まで)
問い合わせ先:088-823-4016(高知市観光協会)
※その他の情報は高知城ホームページ でチェックして下さい。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
デアゴスティーニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です