いろいろ日記。

毎日のいろいろな事を書いていきます。

タグ:香川

四国別格二十霊場 第二十番札所
福大山 大瀧寺(ふくだいさん おおたきじ)

大窪寺からは車で1時間と少しぐらい。思いの外時間が掛かりました・・・。
お寺は海抜940メートルの大瀧山上にあり、トイレが無いと聞いていたので、
途中、夏子ダム休憩所で休憩してから札所へ向かいました。

駐車場はお寺の少し手前にあり、そこから歩いて行きます。
駐車場に着いた辺りから雪が激しく降り出したので、急いで参拝へ向かいました。

IMG_2869

山門はありません。道路から石段を少し上がった所が境内になります。

IMG_2875

駐車場からだと、写真の坂の方から境内へ入って行けます。

雪が積もり始めたので急いで参拝開始!(雪道を走る装備は全く無し!)

IMG_2863

境内の隅の方に鐘楼らしきモノが見えました。なお、鐘は撞けない模様・・・。

IMG_2865

手水場も一応・・・。

IMG_2862

まずは本堂より参拝。

IMG_2866

次は大師堂。一瞬どれが大師堂か分からなかった(笑)。
建物の凹んでる所がそうです。その右側の部分が納経所でした。

IMG_2851

IMG_2864

本堂の小坊主、足が無かった・・・。怖いよ・・・。

参拝をあっと言う間(笑)に終え、納経所で御朱印を頂きます。
御朱印のついでに、こちらで「満願証」(有料)が頂けると聞いたのでそちらと一緒に。
「満願証」は、四国別格二十霊場を全て打ったと言う証みたいなモノです。
せっかくなので記念に頂く事にしました。しかし時間が掛かると言うので少し待つ事に。
で、出来上がった「満願証」を頂き、急いで駐車場へ。

IMG_2874

IMG_2877

雪が止む気配が無く、どんどん積もっていってる状態。こりゃヤバイぞ・・・。

IMG_2879

車もスグには発進出来ない状態!(笑)ヒーターで雪を溶かしてからやっと発進・・・。

IMG_2882

帰り道は気を付けながらノロノロ運転で帰りました。
途中、雪で道がよく分からなくなってしまい、とんでもない道に入り込んでしまった・・・。
無理やりUターンして事なきを得ましたが・・・、あのまま進んでたらヤバかったな・・・。
山を下るにつれ、雪が雨に変わり始め一安心。最後にこんな試練が待ってるとは(笑)。
無事下山した後、帰宅。

お礼参りでこのまま一番札所へ向かうお遍路さんも居るんですが、
自分達は二巡目も行こうと思ってたので、お礼参りはしませんでした。
高野山へのお礼参り、この時点では行きたいなと思ってたんですが、まだ行けず。
いつか家族全員で行ってみたいですね。

取り敢えず一巡目のお遍路日記は終了。えらい長く掛かってしまった・・・。(足掛け4年)
四国八十八箇所霊場+四国別格二十霊場の計108霊場なので計108記事!
最初書くと決めた時は終わりが見えなかったけど、何とか終える事が出来ました。
まあ自分がブログサボってたから時間掛かっただけなんですけどね(笑)。

この後は、二巡目のお遍路日記を続けて書いて行きたいと思ってます。
記事の内容も少し変えたいなと思ったり。まあそのうちに(笑)。

楽しみに読んでくれてる方が居たかどうかは分からないけど(笑)、
長い間ありがとうございました!なんとか一段落出来ました。
また二巡目でお会いしましょう!(笑)




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十八番札所
医王山 遍照光院 大窪寺(いおうざん へんじょうこういん おおくぼじ)

四国八十八箇所、最後の札所。ここまで来るのに本当に長かった・・・。
駐車場に車を停め、境内へ向かいました。

IMG_2823

駐車場から歩いてすぐの場所には大きな仁王門があります。
ここからまだ少し歩いた所にもう一つ仁王門があり、歩きの方はそちらから行くみたい。

IMG_2830

仁王門の裏側には大きな草鞋がありました。

IMG_2827

手水場や・・・

IMG_2828

鐘楼も仁王門近くにありました。

IMG_2832

仁王門からすぐの参道沿いには、お砂踏み道場もありました。

IMG_2834

参道をどんどん進んで行くと・・・

IMG_2842

いよいよ本堂が見えて来ました!感慨深いですね・・・。

IMG_2841

先程の写真を撮った位置から振り返るとこんな感じ。
奥に見えてるのがもう一つの仁王門です。面倒なので行くのは止めましたが(笑)。

IMG_2840

まずは本堂へ参拝します。いつもより少し長めに参拝しました。報告とかあったので。
納経所は本堂の近くにありますが、一旦スルーして大師堂へ参拝に向かいます。

IMG_2843

参道沿いには石仏が沢山・・・。

IMG_2846

参道を歩いて行くと、宝杖堂(ほうじょうどう)が見えて来ました。

IMG_2847

宝杖堂には、結願したお遍路さんから奉納された金剛杖が、沢山並んでいました。
尋常じゃない数だ・・・。それだけお遍路さんも多いと言う事なんだろうな。

IMG_2848

宝杖堂の前には原爆の火が灯されていました。あの時の火が今も灯されているとの事。

IMG_2849

大師堂へ到着後、すぐ参拝。参拝を終えた後は来た道を戻り、納経所へ。

IMG_2837

IMG_2851

小坊主も何だか誇らしげ。

こちらの納経所では、「結願証」を発行してもらえます(有料)。
四国八十八箇所を全て回ったと言う証明書みたいなモノ?です。
御朱印と一緒に、「結願証」も納経所の方にお願いしました。
少し待って、御朱印と「結願証」を無事ゲット。これで四国八十八箇所を結願となりました!

ここで終了!といきたい所なんですが、まだ別格霊場が残っています。
次の札所が本当の最後。少し天候も怪しくなってきたので急いで向かいます。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十七番札所
補陀洛山 観音院 長尾寺(ふだらくさん かんのんいん ながおじ)

八十五番札所からは約30分ぐらいで到着。八十六番札所からだと15分程で着くと思います。
駐車場は境内にありました。車を停め、まずは仁王門の方へ向かいました。

IMG_2813

IMG_2815

奉納された大きな草鞋が目立つ仁王門。山門に梵鐘が付いている珍しいタイプ。

IMG_2814

仁王門の手前には経幢(きょうとう)と呼ばれるモノが左右に一基ずつあります。
これは元寇の役で戦死した将兵を弔う供養塔で、西側のものが弘安6年(1283年)、
東側のものが弘安9年(1286年)の建立だそうです。かなり古いモノなんですね。

IMG_2816

仁王門を抜けると正面に本堂が見えます。早速参拝を開始しました。

IMG_2811

手水場は仁王門を抜けてすぐの場所にあります。

IMG_2818

まずは本堂より参拝します。

IMG_2821

次は本堂の隣にある大師堂へ参拝。
参拝終了後は境内を少し散策しました。

IMG_2819

本堂の左隣には護摩堂があり、護摩堂の隣には静御前の剃髪塚があります。
このお寺は、源義経の側室である静御前が出家したお寺で有名なんですが、
その出家の際に得度剃髪した遺髪が、この剃髪塚に祀られているそうです。
写真にも写ってるんですが、ちょっと分かりにくいですね・・・。
これしか写真がなくて・・・。ごめんなさい・・・。

結局、小坊主は見当たらず。

散策終了後、納経所で御朱印を頂き、隣にある売店で名物のおはぎを購入。
おはぎを食べながら次の札所へ。ちなみにおはぎは美味しかったです!(笑)続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十五番札所
五剣山 観自在院 八栗寺(ごけんざん かんじざいいん やくりじ)

いよいよ最後のお遍路はこの札所からスタート。
四国霊場八十八番、別格二十番札所まで一気に打ち、結願の予定です。

本来なら八十七番からスタートなんですが、御朱印を貰い忘れると言う凡ミスにより(笑)、
この札所からのスタートとなりました。今度は忘れないようにしないと・・・。

IMG_2810

ケーブルカーに乗る為にチケットを購入。二回目ともなると手慣れたもんです(笑)。

IMG_2761

出発まで少し待ちましたが、定刻通りに山上駅に向かい出発しました。

山上駅へ到着後、境内へ向かいます。

IMG_2800

境内へ向かう参道の途中に売店があります。
前回は閉まってたんですが、この日は開いてました。何故かまねき猫が沢山あった!

IMG_2772

やっと境内が見えて来ました。今回は御朱印を頂くだけで、参拝はしません。
忘れない様、一番先に納経所へ行き、無事御朱印を頂きました。
せっかくなので、前回に行ってなかった山門方面へ行ってみる事にしました。
まずはお迎え大師へ。

IMG_2789

歩きで下から上がってくると、一番先にお迎え大師がお出迎えしてくれます。
しかし凄い所に作ったもんだなあ。取りあえず大師像がある場所へ行ってみます。

IMG_2778

この日はかなり強い風が吹いててちょっと怖かったです・・・。

IMG_2779

ここからはこんな景色が見られます。晴れてるともっとキレイだと思います。絶景!
景色を見た後、来た道を引き返し境内へ。

IMG_2790

こんな感じの参道でした。少し歩くと山門が見えて来ます。

IMG_2792

背後見えるのは五剣山。元々は名前の通り5つの峰があったそうなんですが、
宝永の大地震(1706年)の際に1つが崩落し、現在は4つの峰になっています。

IMG_2773

山門へ到着。この山門を抜けると・・・

IMG_2776

正面に本堂が見える配置になっています。

散策後は山上駅に戻り、再度ケーブルカーに乗り下山。

IMG_2809

ここで一応御朱印をもう一度確認し(笑)、
ちゃんと頂いたのを確認してから次の札所へ向かいました。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十六番札所
補陀洛山 清浄光院 志度寺(ふだらくざん せいじょうこういん しどじ)

八十五番札所からは20分程で到着。駐車場は境内の北側にありました。
駐車場に到着時点で午後4時45分ぐらい。急いで境内へ向かいます。

時間も時間なので、先に御朱印を頂いてから参拝しようと言う事になり、まずは納経所へ。
本来は参拝してから御朱印を頂くんですけど、午後5時に納経所は閉まっちゃうので・・・。
事情を説明してから無事御朱印を頂き、参拝をする為にに境内へ。

IMG_2709

仁王門は境内の南側にあります。納経所も仁王門の近くにありました。
ちなみに、仁王門の左右に立つ金剛力士像は、あの運慶作だそうです!

IMG_2710

仁王門の前には平賀源内墓所があります!こんな所にあったんだ!
行ってみたかったけど、時間の関係で断念。次は絶対に行ってみよう。

IMG_2713

仁王門を抜けるとすぐの場所に鐘楼がありました。

IMG_2735

鐘楼の奥には五重塔。暗くてよく見えなかった・・・。

IMG_2712

手水場は鐘楼の向かい側辺りにありました。

IMG_2720

まずは本堂より参拝します。すっかり暗くなってしまいました。

IMG_2724

次は大師堂へ参拝。参拝終了後、周りを少し散策してみました。

IMG_2731

五重塔近くに奪衣婆堂(だつえばどう)。奪衣婆を祀っているお堂は初めて見たかも。

IMG_2726

暗くてよく見えないですが、手前が閻魔堂、奥に見える建物が薬師堂。
この二つのお堂は境内の東側にあります。境内の一番奥になるのかな?

IMG_2728

参道から五重塔方面を撮影。暗すぎてもうよく分かんないですね(笑)。

IMG_2729

書院は納経所近くにあります。こちらも時間の都合で中には入らず・・・。

IMG_2740

境内の北側には海女の墓。「海女の玉取り物語」はあまりにも有名。
隣には藤原氏末裔、生駒親正のお墓もあります。

創建は626年とかなり歴史のあるお寺で、この他にも見所が沢山あるんですが、
時間が遅くなってしまい、全部見れなかったのが心残りでした・・・。

IMG_2722

IMG_2725

小坊主はちゃんと揃っていました。

この日はこの札所で打ち止め。後半は急ぎ足の参拝となってしまいました。
しかも、八十五番札所では御朱印を貰い忘れ・・・。余裕を持って打たないとなあ・・・。
と言う訳で、次回のお遍路は八十五番から打ち始め。そして一気に結願を目指します。
次回へ続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十五番札所
五剣山 観自在院 八栗寺(ごけんざん かんじざいいん やくりじ)

八十四番札所からは約20分程で駐車場に到着。
八栗寺は、標高375mの五剣山の8合目付近にあります。
もちろん歩きでも行けますが、せっかくなのでケーブルカーを利用します。
決して楽しようと思ってる訳ではありません!(笑)

IMG_2707

駐車場のすぐ前にケーブルカー乗り場があります。
歩きの場合は、駅舎の左横にある道を上って行く事になります。

IMG_2648

実は初ケーブルカー!ワクワクしながら乗車しました。

IMG_2655

一番前の席に陣取りました。

IMG_2656

ちゃんとすれ違うんですが、分かっていてもちょっと怖かった(笑)。

IMG_2657

山上駅が見えてきました。5分かからないぐらいで到着しました。

IMG_2660

山上駅からは歩いて境内へ向かいます。そこそこ歩きます。

IMG_2661

案内通りに歩いて行きます。途中、売店もありましたがほとんど閉まってました。

IMG_2662

まだまだ歩きます。この辺りでかなり焦りだします(笑)。

IMG_2664

やっと何やら見えてきました。急いで石段を上ります。

IMG_2665

やっと境内へ到着。急いで参拝を開始します。
この焦る気持ちが、後でとんでもない失敗を引き起こす事になろうとは・・・。

IMG_2667

立派な多宝塔。朱色が鮮やかですね。

IMG_2686

先に大師堂がありますが、本堂から参拝する為に一旦スルーし、参道を先へ進んで行きます。

IMG_2669

やっとそれらしき建物が見えて来ました。

IMG_2670

鐘楼は本堂の手前、石段の上にありました。

IMG_2677

手水場は本堂近く、納経所の前にあります。

IMG_2679

やっと本堂へ到着。すぐ参拝しました。

IMG_2678

IMG_2676

本堂横には聖天堂。その隣が納経所です。

参道を進んで行くと、山門とお迎え大師があるんですが、時間の都合で行きませんでした。
歩きで下から上がって来た場合は、山門から本堂・大師堂へと進む形になります。

本堂参拝後、来た道を大師堂の方へ戻りました。

IMG_2684

IMG_2681

大師堂の隣には地蔵堂と石碑?の様なモノがありました。

IMG_2683

大師堂へ到着。すぐに参拝しました。

参拝終了後は急いでケーブルカー山上駅へ戻ります。

IMG_2691

IMG_2692

何とか出発時間ギリギリに到着。間に合ってよかった!とこの時は喜んでましたが・・・

で、ケーブルカーに乗り、登山口駅へ到着。

IMG_2675

IMG_2685

小坊主は忘れずにちゃんと撮ってました!

駐車場に戻った後、急いで次の札所へ。
八十六番札所へ向かう途中、何か忘れてる様な気がして考えてたんですよ。
で、思い出しました!御朱印貰うの忘れてた・・・(涙)。
引き返す時間的な余裕もなく、仕方なくそのまま次の札所へ向かいました・・・。
後日、御朱印を貰いにまたケーブルカーに乗るハメに(笑)。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十四番札所
南面山 千光院 屋島寺(なんめんざん せんこういん やしまじ)

八十三番札所より約40分程で到着。
屋島ドライブウェイを通り、終点にある広い駐車場へ到着。
駐車場からは徒歩で境内へ向かいます。

IMG_2626

駐車場から歩いて数分の場所に山門がありました。

IMG_2627

山門を抜けると広い境内が現れました。まずは参拝の為に本堂へ向かいます。

IMG_2628

鐘楼は山門を抜けてすぐの場所にあります。

IMG_2629

手水場も山門を抜けてすぐの場所、参道沿いにありました。

参道を進むと先に大師堂が見えて来ますが、まずは本堂へ向かう為に一旦スルー。
歩き遍路の方は逆から境内に入るので、先に本堂が見えてくる配置になっています。

IMG_2630

本堂に到着。到着後すぐに参拝。

IMG_2642

次は来た道を少し戻り、大師堂へ参拝します。参拝終了後、境内を散策しました。

IMG_2637

本堂横にはひときわ目立つ雌雄二体の狸像があります。
四国狸の総大将と崇められ、日本三大狸にも数えられる太三郎狸。
その太三郎狸を祀るのがココ、「箕山大明神」です。
思ったより色んな所が大きくてびっくり(笑)。たんたんたぬきの金〇は〜風もないのにぶ〜らぶら〜・・・

IMG_2645

IMG_2643

箕山大明神の隣には熊野権現があり、その前には七福神像が並んでいました。

IMG_2646

大師堂の隣にはお堂が並んで立っていて、奥から三体堂、千体堂と続きます。
三体堂には阿弥陀如来、釈迦如来、鑑真和上が、千体堂には千体の観音が祀られています。

本堂に隣接して宝物館もあるんですが、時間の関係で今回はパス。
源平合戦に関する宝物等が収蔵されているそうです。屋島と言えば源平合戦ですもんね。
いつか時間のある時に行ってみたいと思います。

IMG_2633

IMG_2644

小坊主もちゃんと居ました。

散策を終え、本堂の前にある納経所で御朱印を頂き、次の札所へ。続く・・・。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十三番札所
神毫山 大宝院 一宮寺(しんごうざん だいほういん いちのみやじ)

別格十九番札所からは約30分程で到着。道が混んでて思いの外時間が掛かりました。
駐車場の位置が分からず、最初は隣接する田村神社の駐車場へ入ってしまいました・・・。
しかしここは満車で停められず(流石が讃岐の一の宮!)、来た道を戻ってたら見つけた!
一宮寺からは少し離れた所にありました。

IMG_2594

IMG_2595

駐車場から歩いて行くと、こちらの入口から境内へ入ります。

IMG_2611

仁王門へは境内を通り抜けて行きました。歩き遍路の方はこっちから境内へ。

境内は小ぢんまりしていますが、手入れが行き届いていて気持ちのいいお寺です。

IMG_2600

IMG_2603

手水場は、お大師さま?の両手から水が出てくると言う珍しいスタイル。

IMG_2615

鐘楼は仁王門を抜けてすぐの所に。写真奥に見えてる建物は三密会館。

IMG_2609

まずは本堂より参拝します。

IMG_2606

次に大師堂へ参拝。

IMG_2610

境内には他にもお堂等があります。写真は地蔵尊。

IMG_2617

手水場の近くに薬師如来祠があります。
地獄の釜の煮えたぎる音がする祠で、悪い事をした人が頭を入れると抜けなくなる・・・。
まあ大丈夫だとは思いましたが、試しにやってみる事はしませんでした(笑)。

IMG_2604

IMG_2607

小坊主はちゃんと二人居ました!

参拝終了後、納経所で御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第十九番札所
寳幢山 香西寺(ほうとうざん こうざいじ)

八十二番札所からは約15分程で到着。別格札所も残す所あと2つ!

IMG_2575

IMG_2576

駐車場は山門を抜け、突き当りを左に入った所にありました。
最初は何処に行けばいいか分からなくてちょっと焦りました・・・。
写真は車を停めた後で撮りに行きました。

境内へ到着後、すぐ参拝を開始しました。

IMG_2577

IMG_2579

境内前には石段があるんですが、その石段脇に水かけ地蔵があります。
お地蔵さんの顔が皆同じなので、不謹慎にもちょっと笑ってしまいました。

IMG_2580

手水場は石段を上がってすぐ左手にありました。

IMG_2581

鐘楼は石段を上がってすぐの右手に。

IMG_2584

まずは本堂より参拝します。この日はお遍路さんが多かったです。

IMG_2591

本堂の右手が広場の様になっていて、石仏やお堂が並んでいました。

IMG_2585

次は大師堂へ参拝。参拝終了後は付近を散策しました。

IMG_2587

大師堂の近くには毘沙門堂。朱色が鮮やかです。

IMG_2582

境内には沢山の石仏があります。写真中央は厄除け大師像。

IMG_2590

もう沢山あり過ぎて説明不能です(笑)。

IMG_2589

これはちょっと珍しい、足治し地蔵菩薩さま。
ちょっと疲れて足が痛かったので治るように参拝しておきました。

八十二番札所とこの札所では小坊主が見当たらず、写真は無し。
やっぱり居ないと寂しいですね(笑)。

この後、御朱印を頂きに納経所へ。
納経所がお遍路さんで一杯になってて少し待たされましたが、無事御朱印を頂き次の札所へ。
続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十二番札所
青峰山 千手院 根香寺(あおみねざん せんじゅいん ねごろじ)

八十一番札所より約15分で到着。駐車場は山門前にありました。

IMG_2532

根香寺と言えば牛鬼像!駐車場近くの茂みの中に居ました。
写真で見るとカワイイ感じもしますが、実物はかなり気味悪いです(笑)。

IMG_2537

山門から境内へ向かいます。

IMG_2538

山門にはデッカイ草履がありました。札所ではよく見かける光景ですね。

IMG_2540

山門を抜けると参道がありますが、
まずは石段を下り、次は上がっていくというちょっと変わった参道になっています。

IMG_2541

参道沿いは緑でいっぱい。紅葉の時期はかなりキレイなんだそうです。

IMG_2544

階段を上がる手前右手には役行者像がありました。

IMG_2546

階段を上がった所が境内で、境内の右手に鐘楼。

IMG_2547

手水場は参道脇にあります。

IMG_2568

大師堂は手水場の近くにあるんですが、まずは本堂へ向かう為スルーします。
参道を真っすぐ進むと石段があるので上がって行きます。

IMG_2548

石段を上がった所に本堂があります。

IMG_2554

IMG_2555

正面に本堂が見えますが、真っすぐには行けず、左の回廊を通って本堂へ向かいます。

IMG_2553

回廊の中はこんな感じ。薄暗くてちょっと不気味かも(笑)。
回廊内には全国から奉納された三万三千体の観音像が並んでいます。

IMG_2552

本堂へ到着し参拝。本堂から回廊の入口方面を撮影。
本堂への参拝終了後、一旦スルーした大師堂へ向かいます。

IMG_2559

大師堂へ到着後、参拝。
全ての参拝を終え、境内を少し散策しました。

IMG_2558

大師堂の近くには延命地蔵尊や六角堂などがあります。

IMG_2560

手水場の近くには「白猴欅(はっこうけやき)」があります。
樹齢1600年とも言われるケヤキの老木ですが、現在は残念ながら枯死。
元々株が生えていた場所に屋根を付け、写真の様に保存しているとの事。

IMG_2564

納経所の隣には五大尊の像を拝観できる五大堂がありました。

散策終了後、納経所へ。無事御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ