いろいろ日記。

毎日のいろいろな事を書いていきます。

タグ:徳島

行ってたのは平成25年11月24日。
二番札所より車で5分程で到着。この日、三つ目の札所です。

四国八十八箇所 第三番札所
亀光山 釈迦院 金泉寺
きこうざん しゃかいん こんせんじ


到着後、すぐに参拝を開始しました。

IMG_6065

駐車場のすぐ脇に、朱色が鮮やかな立派な仁王門があります。
ここから参拝スタート。一礼し、境内へ入って行きます。

IMG_6067

仁王門を抜け、参道を少し歩くと手水場があります。

IMG_6068

手水場近くには鐘楼も。納経所へはこの横を通って行きます。
まずは参拝の為、本堂へ向かいます。

IMG_6069

まずは本堂から参拝。

IMG_6070

次に大師堂へ参拝しました。参拝終了後は境内を散策。

IMG_6073

大師堂近くに、ひと際目立つ朱色の建物があります。これは観音堂。

IMG_6074

観音堂近くに、前回来た時に見るのを忘れてた「黄金地蔵尊(黄金の井戸)」があります。
弘法大師が住民の為に井戸を掘った所、霊水が湧き出たという伝説の井戸。
この井戸をのぞいて水面に自分の姿が映ると、長生き出来るとの事。
映らなければ、三年以内に死ぬとも・・・。
恐る恐るのぞいてみましたが、ちゃんと映ったので安心しました(笑)。
分かってるけどやっぱり緊張するもんですね(笑)。

IMG_6076

赤い橋の奥には「弁天社」があります。
なにやらカッコイイ像は「倶利伽羅龍王」。名前もカッコイイな(笑)。

他にも色々あるんですが、時間の関係で散策もココまで。
御朱印を頂きに納経所へ向かいます。

IMG_6079

納経所の前には「弁慶の力石」。

IMG_6081

源平合戦の際、源義経が戦勝祈願の為にココへ訪れたとか・・・。
歴史も古く、数々の伝説が残っているお寺で楽しかったです。

小坊主は見当たりませんでした・・・。

この後、納経所で無事御朱印を頂き、四番札所へ。続く・・・

四国八十八箇所第三番札所・金泉寺DATA


本尊:釈迦如来
真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
宗派:高野山真言宗
開基:行基
御詠歌:極楽の 宝の池を思えただ 黄金の泉すみたたえたる

電話番号:088‐672‐1087
住所:徳島県板野郡板野町大寺亀山下66
駐車場:普通14台、大型3台(境内に隣接・無料)
宿坊:なし



by カエレバ




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

行ってたのは平成25年11月24日。
一番札所より車であっと言う間に到着(笑)。この日、二つ目の札所です。

四国八十八箇所 第二番札所
日照山 無量寿院 極楽寺
にっしょうざん むりょうじゅいん ごくらくじ


駐車場は仁王門のすぐ隣にありました。車を停め、まずは仁王門から。

IMG_6040

朱色が鮮やかで立派な仁王門です。ここから参拝スタート!

IMG_6041

本堂までは少し歩きます。ここの札所はとても綺麗で気持ちいいです。

IMG_6042

参道沿いにかなり立派な手水場があります。

IMG_6043

手水場からすぐの場所には水子地蔵。

IMG_6045

水子地蔵から参道を左に折れると何やら見えてきました。
手前の石段を上がると・・・

IMG_6059

広場の様な場所になってました。本堂へは更に石段を上がって行きます。
写真中央に見える建物は観音堂。

IMG_6046

鐘楼はココにありました。

IMG_6048

樹齢1200年と言われる長命杉もココにあります。弘法大師お手植えと伝わるそうです。
近くで見ると凄い迫力です。

IMG_6049

本堂へ向かう石段の前には巨大な仏足石。これもかなりの迫力です。

IMG_6057

石段の脇にあったこの建物は薬師堂。

IMG_6050

いよいよ石段を上がり、本堂へ向かいます。
思いの外、階段が急なので気をつけましょう!(笑)
石段の上に見えてるのが本堂です。

IMG_6056

石段を上がってすぐの場所に本堂があります。
まずはココから参拝しました。
ちょうど団体さんとかち合ってしまいました・・・。

参拝終了後、大師堂へ向かいます。

IMG_6052

本堂の右手に参道があり、その先が大師堂です。

IMG_6053

大師堂で参拝。団体さんが来る前に退散!(笑)

この札所は、納経所が団体用と個人用とに分かれています。
個人用の納経所は、駐車場脇にある売店の奥にあります。
団体さんとかち合って何が嫌かと言うと、納経所でかなり待たされる事・・・。
この札所はその心配が無いのがいいですね。

IMG_6062

綺麗に整えられた庭園もあり、この札所はほんと気持ちよかったです。
隅々まで綺麗に管理されてました。

IMG_6061

赤ちゃんの顔が弘法大師の顔とそっくりで全然可愛くない!(笑)

IMG_6063

こっちは可愛いかった(笑)。ねずみが居るけど何でだろ?
何かの物語がモチーフになってるのかな?

IMG_6055

IMG_6054

小坊主もちゃんと居ましたが、大師堂のは足が無かった・・・。
前回来た時からそのままの状態でした・・・。

最後に納経所で御朱印を頂き、三番札所へ。続く・・・。


四国八十八箇所第二番札所・極楽寺DATA


本尊:阿弥陀如来
真言:おん あみりた ていせい から うん
宗派:高野山真言宗
開基:行基
御詠歌:極楽の 弥陀の浄土へ行きたくば 南無阿弥陀仏口ぐせにせよ

電話番号:088‐689‐1112
住所:徳島県鳴門市大麻町檜段の上12
駐車場:普通40台、大型10台(境内に隣接・無料)
宿坊:有り




by カエレバ




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

行ってたのは平成25年11月24日です。
前年に、四国八十八箇所+四国別格二十霊場を車で回り、結願していました。
そろそろ二巡目に・・・と言う事で、この日、四国八十八箇所第一番札所の霊山寺へ。

今回のお遍路は四国八十八箇所のみ参拝の予定。もちろん前回と同じく車遍路。
高知から日帰りで回れるだけ回り帰ってくるというスタイルです。

しばらくの間、かなりタイムラグがありますのでご了承下さい。
リアルタイムに追いつくまでボチボチ更新して行きますので、温かい目で御覧下さい(笑)。


四国八十八箇所 第一番札所
竺和山 一乗院 霊山寺
じくわざん いちじょういん りょうぜんじ


いよいよお遍路も二巡目へ。今回も順打ちの為、まずは一番よりスタートです。

IMG_6039

仁王門では沢山のお遍路さんが記念撮影をされてました。
前回はこの前にあるお店でお遍路用品を一式揃えました。
今回はそのままそれを使うのでスルー。
お寺の中にも売店があり、そちらでもお遍路用品が揃えられますよ。

で、仁王門前で一礼し、いよいよ境内へ向かいます。

IMG_6023

仁王門をくぐりすぐの場所にある手水場。まずはココで心身を清めます。

IMG_6024

鐘楼は手水場と仁王門のすぐ近くにあります。

IMG_6022

境内に入ってまず目に入るのが泉水池。
真っすぐ行くと本堂へ。右手へ行くと大師堂があります。
まずは本堂の方へ向かいます。

IMG_6025

本堂へ向かう参道の途中には多宝塔があります。室町時代の建造だそうです。
約600年前からココに建ってると思うと何だかスゴイな・・・。

IMG_6026

まずは本堂より参拝します。本堂内は幻想的で荘厳な雰囲気です。
写真は撮れる雰囲気でなかったので撮りませんでした。
参拝終了後は大師堂へ向かいました。

IMG_6033

大師堂へ到着後すぐ参拝。参拝終了後は少し境内を散策しました。

IMG_6032

本堂前には死者の供養にと並ぶ十三仏の石像が並んでいます。

IMG_6036

池には立派な鯉がたくさん泳いでいます。この中に人面魚が居るかも(笑)。

IMG_6035

霊山寺と言えばこの風景。某旅番組の絵はがき企画で有名になりましたね(笑)。

IMG_6034

今回も小坊主はしっかり撮っていきたいと思います(笑)。

境内を散策した後は本堂横にある納経所へ。
前回は初めて御朱印を頂くとあって緊張しましたが、今回はそうでもない(笑)。

御朱印帳はもちろん前回と同じモノをそのまま使用。
新しいモノを使われるお遍路さんも居らっしゃいますが、その辺は個人の考え方の違いかと。
同じ納経帳の場合は二回目以降は御朱印のみ。墨書きは省略されます。
なのであっと言う間に御朱印を頂けました(笑)。ほんと早かった(笑)。

これから長いお遍路のスタート。
気を引き締めなおし二番札所へ向かいました。続く・・・。


四国八十八箇所第一番札所・霊山寺DATA


本尊:釈迦如来
真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
宗派:高野山真言宗
開基:行基
御詠歌:霊山の 釈迦の御前にめぐりきて よろずの罪も 消え失せにけり

電話番号:088‐689‐1111
住所:徳島県鳴門市大麻町板東126
駐車場:普通車100台、バス10〜20台(境内に隣接・無料)
宿坊:無し




by カエレバ




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第四番札所
八坂山 八坂寺 鯖大師本坊(やさかざん やさかじ さばだいしほんぼう)

IMG_0161


日和佐の薬王寺から室戸の最御崎寺に向かう道の途中にあります。
このお寺で徳島は最後。感慨深いものがありました。

到着後、早速参拝することにしました。

IMG_0158

山門は無く、境内もこぢんまりとしたお寺でした。

IMG_0153

境内入ってすぐの所に鐘楼がありました。

IMG_0152

本堂

IMG_0156

大師堂

IMG_0155

大師堂の前には鯖の石像がありました!

大師堂の脇に裏へ抜ける道があり、多宝塔の看板が立っていたので行ってみました。

IMG_0159

立派な多宝塔がありました。立派な宿坊もありました。

本堂の隣の建物にはお砂踏洞窟もありましたが、時間の都合で入りませんでした。

IMG_0154

小坊主もちゃんと居ました。少しボロボロですが(笑)。
手水場の写真は撮り忘れてました・・・

そして参拝後、納経所で御朱印を頂き、いよいよ修行の道場、高知へ向かいました!
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第二十三番札所
医王山 無量寿院 薬王寺(いおうざん むりょうじゅいん やくおうじ)

IMG_0116

宿泊した部屋からは朝日が見えました!めっちゃ寒かったけど・・・
朝食を頂き、身支度を整えて朝一番で薬王寺へ向かいました。宿泊先からは車ですぐ到着。

IMG_0148

人が少なく、貸切状態でした!

IMG_0147

山門を抜け、少し歩くと女厄坂、男厄坂があります。
お賽銭を置いて上がるのですが、お賽銭不足で断念・・・
小さい頃に連れてこられた時、お賽銭を拾ってたらえらい怒られた記憶が蘇ります(笑)。

IMG_0146

女厄坂と男厄坂の途中に鐘楼があります。

階段を上がりきった所に本堂と大師堂があり、早速参拝することにしました。

IMG_0131

本堂

IMG_0127

大師堂

手水場の写真を撮るのを忘れてました・・・

IMG_0130

本堂付近からの眺め。朝のお寺は気持ちいいです!

一際目立っている朱色の揶祇塔(ゆぎとう)へも行ってみました。

IMG_0132

揶祇塔へ行くにはこの階段を上がります。還暦の厄坂(男女厄坂)になっていました。

IMG_0135

近くで見ると思ったより大きくてびっくり。中にも入ってみました。
宝物などの展示や、戒壇めぐりができるようになっていました。
2階?にも上がれるようになっていたので上がってみました。

IMG_0139

金色の亀も発見!

IMG_0141

本堂方面の眺め。

一通り境内を散策した後、納経所へ。無事御朱印を頂きました。
そんなこんなで思ったより長居してしまい、予定よりだいぶ遅れて次の札所へ出発しました。
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第二十二番札所
白水山 医王院 平等寺(はくすいざん いおういん びょうどうじ)

IMG_0094

何とか納経時間に間に合いました・・・

到着後、時間も無いのですぐ参拝しました。

IMG_0105

山門を抜け、境内を見るとこんな感じ。本堂は階段の上にあります。
階段の上り口には井戸(白水の井戸)があります。遠くから汲みに来る方もいるとか。

IMG_0096

鐘楼は山門を入ってすぐの所にあります。

IMG_0104

手水場

IMG_0101

まずは本堂へ。
本堂に続く石段は男坂で厄除けのご利益があるとか。お賽銭が階段に置いてありました。
もちろん女坂もあります。ボスと奥さんはそっちから本堂へ向かいました。

IMG_0102

本堂から境内の方を撮ってみました。いい眺めです。

IMG_0107

本堂の次は大師堂へ参拝。

最後に納経所へ。御朱印を無事頂きました。
お寺を後にして駐車場へ向かう時に、後ろから呼び止められました。
大事な金剛杖を忘れていて、それに気がついたお遍路さんが追いかけてきてくれました。
あの時のお遍路さん、本当にありがとうございました。助かりました。

IMG_0095

道路脇に変わった案内板があり、思わず写真に撮りました。

この日はこのお寺で打ち止め。
宿は日和佐の「うみがめ荘」という所に予約してたので、そちらへ向かいました。
無事到着し、一泊。次の日は朝一で薬王寺に。続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第二十一番札所
舎心山 常住院 太龍寺(しゃしんざん じょうじゅういん たいりゅうじ)

このお寺も山の上にありますが、麓からロープウェイで山頂まで向かいます。
ロープウェイなんてしばらく乗った記憶がありません・・・。
実は密かに楽しみにしてました(笑)。料金は結構掛かりましたが・・・。

IMG_0045

一番乗りで乗り込みました!

IMG_0051

どんどん登って行きます。同時にテンションも上がって行きます(笑)。

IMG_0055

途中、下りのロープウェイとすれ違いました。

IMG_0059

途中で崖の上に狼の群れが・・・。
ロープウェイにはガイドさん一緒に乗っていて、説明しながら見所を教えてくれました。

IMG_0060

なにかのオブジェ。ちゃんと説明してくれましたが、忘れました(笑)。

IMG_0063

柱のある所で一瞬空中ブランコ状態に。みんな手すりにしがみついてました(笑)。
鶴林寺も途中で見えるらしいのですが、何処にあるか分からず見逃しました・・・。

IMG_0065

舎心ヶ嶽にある大師像。近くまで行けるらしいですが、もちろん行ってません(笑)。
でも機会があればいつか行ってみたいなぁ。

IMG_0066

あっという間に到着しました。楽しかったです。

駅から出てすぐお寺が見えました。

IMG_0068

しかしよく見ると・・・

IMG_0069

本堂は台風で被害を受けて修復中とのことでした。もう今は直ってるかな?
この階段は登らず、脇の道を通って仮本堂のある場所へ向かいました。

IMG_0074

途中、鐘楼門があり、鐘をみんなでつきました。いい音が山に響き渡りました。

IMG_0075

手水場もありました。この先に仮本堂がありました。

IMG_0076

仮本堂の向こうに修復中の本堂が見えます。早速参拝しました。
思ったより広い境内でびっくり。西の高野と呼ばれるだけあってすごく雰囲気があります。

IMG_0077

いろんなものがあってゆっくり見たかったのですが、時間があまり無いので大師堂へ向かうことに。

IMG_0082

大師堂は少し離れた所にあります。

IMG_0079

IMG_0081

大師堂へ向かう途中にもいろんな建物などがありました。

IMG_0080

大師堂へ到着。早速参拝しました。

参拝後、納経所へ向かいました。これまた少し離れた所にありました。

IMG_0085

納経所の近くにあったお寺の案内板。
納経所で御朱印を頂くのに少し時間がかかりそうだったので、納経所の隣にある持仏堂へ。
龍を描いた天井画があるので見に行きました。

IMG_0086

すごい迫力。子供達は怖がってましたが(笑)。

この後、無事御朱印も頂き、下りのロープウェイにもギリギリ間に合いお寺を後にしました。
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第二十番札所
霊鷲山 宝珠院 鶴林寺(りょうじゅざん ほうじゅいん かくりんじ)

山の上にあるお寺で、山を登る道は思ったより難所でした・・・
駐車場から歩いて少しした所に山門がありました。

IMG_0025

なかなか雰囲気があります。山の上は空気が澄んで気持ちいいです。

IMG_0026

苔が綺麗で思わず写真に撮りました。

少し歩いて行くと、お寺の建物が見えてきました。

IMG_0031

三重塔がいい雰囲気です。この時は雪が降ったり止んだりしてました。

IMG_0027

手水場を発見。早速参拝をすることにしました。

IMG_0028

まずは本堂から。本堂はこの階段を登った所にありました。

IMG_0033

本堂

IMG_0034

本堂前には鶴の像がありました。左右に2体あります。

参拝を終え、階段を引き返し、大師堂へ向かいました。

IMG_0037

大師堂

この大師堂の横に納経所がありました。

IMG_0036

この日はとにかく寒かったです。氷が張ってました・・・

参拝を全て終え、納経所で御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。
時間があまり無く、ゆっくり境内を散策出来なかったのが残念でした。
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第三番札所
月頂山 慈眼寺(げっちょうざん じげんじ)

二十番札所 鶴林寺の奥の院。思ってたより到着まで時間がかかりました・・・

早速参拝!と行きたい所ですが、このお寺は本堂がここから山道を登った所にあります。
まずはそちらへ向かいました。

IMG_0022

大師堂の横に鐘楼があり、その横に道があります。ここから本堂へ向かいました。

IMG_9998

少し歩くと観音様が居ました。ここからが本番という感じです。

IMG_9999

この道を見て子供達は引き返しました。ちょっと無理だろうと・・・
なのでここからは一人で登っていくことにしました。この判断は大正解!
理由は後々明らかになります(笑)。

IMG_0002

看板がありましたが、本堂はまだまだ先のようです・・・。早くもバテ気味・・・。

IMG_0001

雪があちこちで積もり始めました・・・。

IMG_0003

遂に道がこんな感じに・・・。雪と言うより氷に近い状態。
でもこの時、前方にお遍路さんの姿が少し見えたので、行けるだろうと思い、
写真に写ってる手すりに必死にしがみつきながら、何とか登って行きました。

IMG_0005

やっと山道を登りきりました・・・。雪積もってるし・・・。

IMG_0013

氷柱なんて見たの何十年振りだろう・・・。

IMG_0011

手水場らしきもの(笑)。

IMG_0014

やっと本堂に到着。先に到着してたお遍路さんに挨拶し、参拝を済ませました。
穴禅定の方へも行ってみました。

IMG_0008

冬の間は閉鎖中で入れません。機会があれば入ってみたいなぁ。
辺りを少し散策した後、来た道を引き返しました。

IMG_0017

帰りもこんな感じです(笑)。大師堂まで戻った時はヘトヘトでした・・・。

IMG_0024

大師堂でもちゃんと参拝して脇にある納経所へ。御朱印を無事頂きました。

IMG_9995

鐘楼

IMG_0020

大師堂へ到着した頃から吹雪状態になってきました・・・。風邪引きそう・・・。

IMG_0021

子供達が待っている間に雪だるま作ってました。あんまり綺麗じゃないけど(笑)。

予想以上に時間がかかってしまったので、急いで次の札所へ向かいました。
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第十九番札所
橋池山 摩尼院 立江寺(きょうちざん まにいん たつえじ)

四国霊場に4つある関所寺の最初のお寺。邪悪な心を持つ者は先へ進めないとか・・・
ちょっと緊張しながらお寺へ向かいました(笑)。

IMG_9988

駐車場から歩いて行くと山門が見えてきました。

IMG_9977

山門をくぐると鐘楼があります。手水場の写真は撮り忘れてました・・・。

山門から歩いてすぐ本堂が見えてきたので、早速参拝することにしました。

IMG_9986

本堂

IMG_9980

本堂の向かい側に大師堂がありました。

IMG_9981

本堂と大師堂の間には多宝塔と大師像がありました。

IMG_9984

小坊主は大師堂のしか撮ってませんでした。

参拝を終え、境内を少し散策した後、納経所に向かい御朱印を頂きました。
次は別格三番札所へ。続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ