いろいろ日記。

毎日のいろいろな事を書いていきます。

タグ:四国別格二十霊場

四国別格二十霊場 第二十番札所
福大山 大瀧寺(ふくだいさん おおたきじ)

大窪寺からは車で1時間と少しぐらい。思いの外時間が掛かりました・・・。
お寺は海抜940メートルの大瀧山上にあり、トイレが無いと聞いていたので、
途中、夏子ダム休憩所で休憩してから札所へ向かいました。

駐車場はお寺の少し手前にあり、そこから歩いて行きます。
駐車場に着いた辺りから雪が激しく降り出したので、急いで参拝へ向かいました。

IMG_2869

山門はありません。道路から石段を少し上がった所が境内になります。

IMG_2875

駐車場からだと、写真の坂の方から境内へ入って行けます。

雪が積もり始めたので急いで参拝開始!(雪道を走る装備は全く無し!)

IMG_2863

境内の隅の方に鐘楼らしきモノが見えました。なお、鐘は撞けない模様・・・。

IMG_2865

手水場も一応・・・。

IMG_2862

まずは本堂より参拝。

IMG_2866

次は大師堂。一瞬どれが大師堂か分からなかった(笑)。
建物の凹んでる所がそうです。その右側の部分が納経所でした。

IMG_2851

IMG_2864

本堂の小坊主、足が無かった・・・。怖いよ・・・。

参拝をあっと言う間(笑)に終え、納経所で御朱印を頂きます。
御朱印のついでに、こちらで「満願証」(有料)が頂けると聞いたのでそちらと一緒に。
「満願証」は、四国別格二十霊場を全て打ったと言う証みたいなモノです。
せっかくなので記念に頂く事にしました。しかし時間が掛かると言うので少し待つ事に。
で、出来上がった「満願証」を頂き、急いで駐車場へ。

IMG_2874

IMG_2877

雪が止む気配が無く、どんどん積もっていってる状態。こりゃヤバイぞ・・・。

IMG_2879

車もスグには発進出来ない状態!(笑)ヒーターで雪を溶かしてからやっと発進・・・。

IMG_2882

帰り道は気を付けながらノロノロ運転で帰りました。
途中、雪で道がよく分からなくなってしまい、とんでもない道に入り込んでしまった・・・。
無理やりUターンして事なきを得ましたが・・・、あのまま進んでたらヤバかったな・・・。
山を下るにつれ、雪が雨に変わり始め一安心。最後にこんな試練が待ってるとは(笑)。
無事下山した後、帰宅。

お礼参りでこのまま一番札所へ向かうお遍路さんも居るんですが、
自分達は二巡目も行こうと思ってたので、お礼参りはしませんでした。
高野山へのお礼参り、この時点では行きたいなと思ってたんですが、まだ行けず。
いつか家族全員で行ってみたいですね。

取り敢えず一巡目のお遍路日記は終了。えらい長く掛かってしまった・・・。(足掛け4年)
四国八十八箇所霊場+四国別格二十霊場の計108霊場なので計108記事!
最初書くと決めた時は終わりが見えなかったけど、何とか終える事が出来ました。
まあ自分がブログサボってたから時間掛かっただけなんですけどね(笑)。

この後は、二巡目のお遍路日記を続けて書いて行きたいと思ってます。
記事の内容も少し変えたいなと思ったり。まあそのうちに(笑)。

楽しみに読んでくれてる方が居たかどうかは分からないけど(笑)、
長い間ありがとうございました!なんとか一段落出来ました。
また二巡目でお会いしましょう!(笑)




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第十九番札所
寳幢山 香西寺(ほうとうざん こうざいじ)

八十二番札所からは約15分程で到着。別格札所も残す所あと2つ!

IMG_2575

IMG_2576

駐車場は山門を抜け、突き当りを左に入った所にありました。
最初は何処に行けばいいか分からなくてちょっと焦りました・・・。
写真は車を停めた後で撮りに行きました。

境内へ到着後、すぐ参拝を開始しました。

IMG_2577

IMG_2579

境内前には石段があるんですが、その石段脇に水かけ地蔵があります。
お地蔵さんの顔が皆同じなので、不謹慎にもちょっと笑ってしまいました。

IMG_2580

手水場は石段を上がってすぐ左手にありました。

IMG_2581

鐘楼は石段を上がってすぐの右手に。

IMG_2584

まずは本堂より参拝します。この日はお遍路さんが多かったです。

IMG_2591

本堂の右手が広場の様になっていて、石仏やお堂が並んでいました。

IMG_2585

次は大師堂へ参拝。参拝終了後は付近を散策しました。

IMG_2587

大師堂の近くには毘沙門堂。朱色が鮮やかです。

IMG_2582

境内には沢山の石仏があります。写真中央は厄除け大師像。

IMG_2590

もう沢山あり過ぎて説明不能です(笑)。

IMG_2589

これはちょっと珍しい、足治し地蔵菩薩さま。
ちょっと疲れて足が痛かったので治るように参拝しておきました。

八十二番札所とこの札所では小坊主が見当たらず、写真は無し。
やっぱり居ないと寂しいですね(笑)。

この後、御朱印を頂きに納経所へ。
納経所がお遍路さんで一杯になってて少し待たされましたが、無事御朱印を頂き次の札所へ。
続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第十八番札所
経納山 海岸寺(きょうのうざん かいがんじ)

七十六番札所より10分ちょっとで到着。名前の通り、海の近くにあるお寺です。
この札所は本堂がある本坊と、大師堂がある奥の院に分かれていて別の場所にあります。
まずは本堂の方から参拝する為、本堂のある本坊へ向かいました。

IMG_2323

仁王門がありますが、この仁王門はちょっと変わっています。

IMG_2326

IMG_2328

仁王門の両脇には、郷土力士の力士像が仁王様の代わりに置かれています。

IMG_2330

仁王門を抜けるとすぐ本堂があります。

IMG_2332

手水場は本堂前に。

IMG_2333

鐘楼もありました。

本堂の参拝終了後、大師堂へ参拝する為に奥の院へ向かいます。
納経所は両方にあり、奥の院の方で御朱印を頂くことにし、本堂のある本坊を後にします。

本坊から奥の院までは歩いても行ける距離ですが、自分達は車で向かいました。
本堂と大師堂の移動に車を使ったのはこの札所が最初で最後!(笑)

IMG_2338

大師堂のある奥の院へ到着。駐車場がよく分からなかったので、山門前に駐車しました。

IMG_2341

山門を抜け境内へ。境内は本坊に比べかなり広々しています。

IMG_2342

手水場は参道途中右手にありました。

IMG_2343

手水場の隣にはお堂?があり、その奥には「産湯の井戸」等があります。

IMG_2344

「湯手掛け松」は手水場の向かい側辺りにありました。

IMG_2346

境内には大師像やミニ八十八箇所等もあります。

IMG_2348

境内奥にある大師堂へ参拝。納経所は大師堂脇の建物でした。
参拝終了後にその納経所で御朱印を頂きました。

御朱印を頂いた後、御住職が子供達に、ヒマワリの種?で鳥が呼べると教えてくれました。

IMG_2349

御住職、実践中!(笑)
少しするとほんとに小鳥がやって来ました!種類はわからないけど、可愛い小鳥です。

IMG_2359

自分もやらせてもらったらちゃんと来てくれました!カワイイですね。
少し遊ばせてもらってから奥の院を後にしました。

IMG_2364

奥の院の背後にはおたらい山があり、大塔や文殊堂、不動坊等があるそうです。
一応そこまで上がって行ける様ですが、自分達は時間が無いので行きませんでした・・・。

IMG_2365

ちょうど列車が来たので撮ってみました。ピンクの車体が目立ちますね。

IMG_2329

小坊主は本坊の仁王門前に居ました。大師堂では見かけませんでした。

参拝&散策を全て終え、次の札所へ。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十七番札所
五穀山 神野寺(ごこくざん かんのじ)

今回のお遍路は別格からスタート。満濃池の畔にあるお寺です。

IMG_2217

満濃池堤防の駐車場に車を停め、歩いてすぐの場所にあるお寺へ向かいました。
満濃池は初めて見ましたが、想像以上に大きくてびっくり。池を超えてる!(笑)

IMG_2255

IMG_2220

山門はありませんでした。参道を通り境内へ向かいます。

IMG_2225

境内は小ぢんまりしており、建物は本堂以外に目立ったものは無く、大師堂もありません。

IMG_2229

手水場はありましたが、鐘楼は見当たりませんでした。まずは本堂へ参拝しました。
その後、大師堂の代わりに弘法大師像へ参拝される方が多いと聞き、そちらへ向かいます。

IMG_2233

IMG_2235

弘法大師像へ向かう途中にある紅葉がキレイで癒されました。

IMG_2242

途中、石碑等があり・・・

IMG_2243

弘法大師像がありました。大師堂代わりに参拝。
参拝終了後は来た道を戻り、本堂脇にある納経所へ向かいました。

IMG_2230

小坊主は当然ながら本堂に居た一人だけ。

納経所へ到着後、無事御朱印を頂き札所を後に。
駐車場に戻り満濃池を少し眺めた後、次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十六番札所
巨鼇山 地蔵院 萩原寺(きょごうざん じぞういん はぎわらじ)

12回目の日帰りお遍路はこの札所からスタート。
自分達が到着した時点で既に多くの参拝客で賑わっていました。
香川県有数の萩の名所だとか。9月中旬から下旬頃が見所で、お祭りもあるそうです。

駐車場から境内までは少し歩きます。

IMG_1863

ここから入って行きます。

IMG_1831

参道を少し行くと右手に建物があるんですが、間違えてこっちへ行きそうに・・・。
こちらは客殿や宝物館等の建物があるそうです。門は大門と言い、江戸時代末期の建造。

大門の向かい側、参道を左側へ曲がった方へ向かいます。

IMG_1861

こちらが本堂等へ向かう参道です。
参道脇には大師堂があるんですが、まずは本堂へ向かいます。

IMG_1834

参道を真っすぐ進んで行くと仁王門がありました。江戸時代初期の建造!シブい!

IMG_1850

仁王門を抜けてすぐ右手に鳥居が見えました。この先にお稲荷さんがあるようです。

IMG_1836

鐘楼は石段の途中にありました。

石段を上がり切った所に本堂があります。早速参拝を開始します。

IMG_1837

手水場は石段を上がったすぐの所にあります。

IMG_1840

まずは本堂へ参拝します。本堂前は広い広場の様な感じになっています。
少し周りを散策しました。

IMG_1842

IMG_1843

修行大師像や西国三十三観音石仏があり、写真の外にも石碑等がありました。

丁度どんぐりが沢山落ちていて、子供達が両手いっぱいに拾っていました。
ここでかなりの時間ロス(笑)。どんぐりは結局置いて帰る事にし、大師堂へ向かいます。

IMG_1852

石段を下り、仁王門を抜けて少し行った所、参道を脇へ入った奥に大師堂があります。

IMG_1853

ここにも手水場がありました。

IMG_1854

大師堂へ向かう参道の脇には忠霊堂もあります。

IMG_1855

大師堂の前には泰平大黒天。

IMG_1856

虚空蔵童子像もありました。

IMG_1858

参道の真正面突き当りに大師堂(護摩堂)があり、参拝しました。

IMG_1838

小坊主も忘れずに!

参拝終了後、納経所へ。納経所が萩庵と言う売店みたいな所でちょっとびっくり。
無事御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十五番札所
宝珠山 箸蔵寺(ほうじゅざん はしくらじ)

前の札所からロープウェイ乗り場までは40分弱で到着。遂に涅槃の道場へ突入!
参拝にはロープウェイを利用します。車は仁王門までは行けるようです。(駐車場有)
仁王門から本坊までは石段が600段弱あり、そこから更に本堂までは石段が続きます。
体力に自信の無い方は迷わずロープウェイを利用しましょう!
自分達は自信が無かったのでロープウェイを利用しました(笑)。

IMG_1672

IMG_1601

かなりコンパクトな車体。ちょうどこの時は利用客が自分達だけで、貸切状態でした。

IMG_1613

途中で仁王門が見えました。思ってたより大きく立派でした。

IMG_1617

山上駅に到着し、案内通りに本坊方面へ。
金毘羅さんの奥の院として信仰を集めているだけあって、かなり大きなお寺です。
四国八十八箇所霊場でもここまで大きなお寺はあまり無いです。何で別格なんだろう?

IMG_1616

IMG_1618

本坊前の参道を本堂へ向けて歩いて行きます。納経所はこの建物の角にあります。

IMG_1619

本坊の角を曲がった正面に護摩殿があります。

IMG_1666

護摩殿の右側にはぼけ封じ観音様。

IMG_1623

ここから石段の連続です。石段の両脇には石灯籠が並びます。
この石灯籠は全国各地から寄進されたモノだそうです。凄い数ですね。

IMG_1624

石段を上がった先には鐘楼がありました。

IMG_1663

鐘楼からはまた石段。鳥居を抜けて石段を上がって行きます。
神仏習合の名残りがこんな所からも伺えて面白いですね。

IMG_1627

石段の途中、右側に薬師堂と修行大師像があります。
ここからもう少し上に行った左側には脇道があり、そこからも境内へ向かう事が出来ます。
自分達は石段を真っすぐ上って行きました。

石段を登り切ると、正面に御本殿が見えます。少し息を整えてから参拝を始めました。

IMG_1634

IMG_1636

御本殿の前に手水場。手水鉢を邪鬼が支えている姿がちょっと可愛い。

IMG_1631

IMG_1639

まずは御本殿へ参拝。御本殿が本堂になります。天狗が居てびっくり!(笑)
神仏習合が影響が強く残る御寺の為、参拝方法は拍手(神道)でも、納経どちらもOKです。

御本殿右側を奥に行くと観音堂があります。(写真無)箸蔵寺では一番古い建物だそうです。

IMG_1630

本殿前には神馬像もあります。

IMG_1641

御本殿より御影堂へ向かいます。御影堂が大師堂になります。しかし広い境内です・・・。

IMG_1644

広い広場?の山側に、五大力尊像がありました。

IMG_1647

やっと御影堂へ到着し参拝。御影堂の奥にはミニ四国八十八ヶ所もあります。
ほんとスケールの大きなお寺で、全部回ってると時間も体力も持たないですね・・・。

IMG_1653

IMG_1654

この時は紅葉のグラデーションがキレイでした。

IMG_1655

帰りは御影堂の前の道を行く事にしました。石段の途中に合流します。

IMG_1656

途中、天神社があります。菅原道真公が祀られています。
こんな風に至る所に神仏習合の名残が残っています。ほんと面白い!

何とか石段を下り、本坊まで戻りました。納経所で御朱印を頂き、再びロープウェイへ。

IMG_1669

山上駅前から本坊前にある中門を撮ってみました。

IMG_1667

小坊主は中門に居ました!

少しするとロープウェイが来たので乗り下山。ロープウェイを利用して正解でした!
それでも時間と体力をかなり消耗。急いで次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十四番札所
邦治山 椿堂 常福寺(ほうじさん つばきどう じょうふくじ)

別格二十霊場で愛媛県最後の札所。別格十三番からは30分ぐらいで到着。
駐車場は境内のすぐ隣にありました。

団体のお遍路さんが居て、小ぢんまりとした境内は人で溢れ返っていました・・・。

IMG_1585

中央の細い道の右側に本堂等の建物があります。左側には大師堂がありました。
本堂の方から参拝を開始。

IMG_1596

朱色の柱が目立つ鐘楼門。山門と鐘楼がセットになった珍しいタイプ。
折角なので鐘を突かせてもらいました。

IMG_1588

手水場もコンパクト。小さいけどいい味が出てますね。

IMG_1590

境内には椿が多く植えられているんですが、その椿の木の下にある「おさわり大師」。

IMG_1595

境内の一番奥に本堂があり、参拝しました。

IMG_1598

で、また来た道を戻り次は大師堂へ参拝。
参拝終了後、また本堂がある境内へ向かい、納経所へ。クルクル回って目が回りそう(笑)。

IMG_1589

小坊主は鐘楼門の所に居ました。

無事御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十三番札所
金光山 仙龍寺(きんこうさん せんりゅうじ)

三角寺からは40分ぐらい。駐車場は道路脇にありました。
境内へも車は乗り入れ出来ますが、道が狭い上に急坂なので自分達は止めました。

IMG_1582

駐車場から撮影。左下に見えてるのが境内の駐車場へ行く道です。
ちょっと急な坂道を、皆で励まし合いながら境内へ上がって行きました。

IMG_1552

やっと建物が見えて来ました。

IMG_1556

この札所は、お通夜堂と言われる写真の建物に上がって参拝します。

お通夜堂に上がる前に境内を散策しました。

IMG_1559

お通夜堂の前には鐘楼と手水場が並んでいます。

IMG_1570

IMG_1566

IMG_1569

石仏等もあり、石段の上には建物が見えます。

IMG_1567

開山の法道仙人が祀られている仙人堂。

IMG_1568

仙人堂の更に上にあるのが弥勒堂。バテてたので全部下から撮りました(笑)。

IMG_1560

いよいよ通夜堂に上がり参拝します。靴を脱いで上がります。
案内に従い、廊下を進んで行くと本堂があります。

IMG_1563

提灯のある所が本堂。大師堂は本尊が弘法大師なので無いそうです。
納経所は本堂の隣にありました。

IMG_1564

納経所の前にはちょっとした休憩スペースの様な空間があります。
参拝は一カ所なのですぐ終わり、納経所で御朱印を頂き建物を後にしました。

IMG_1561

IMG_1565

小坊主は建物の中と外に居ました。

IMG_1571

駐車場までの帰りは、来た道と別の道を通ります。建物のすぐ横を抜けて行きます。

IMG_1574

境内の下はなんと川!近くで見ると迫力あります。ちょっとびっくりしました。

IMG_1578

IMG_1581

しかしこんな所によく建てたなあと。他の札所に無い風景にしばらく見とれてました。

IMG_1583

駐車場からの眺めも中々のモノです。駐車場で少し休んだ後、次の札所へ向かいました。
続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十二番札所
摩尼山 延命寺(まにざん えんめいじ)

11回目のお遍路は、このお寺からスタートです。

IMG_1504

IMG_1516

境内は道路を挟んで二つに分かれていて、写真は本堂や大師堂がある西側の境内。
もう一つの東側の境内は、「いざり松」や東屋などがあって公園みたいな感じでした。
東側の境内には入らなかったので写真はありません。

到着後、すぐ参拝を開始しました。

IMG_1508

手水場は境内へ入ってすぐの場所にあります。

IMG_1505

鐘楼は大師堂の建物の手前。

IMG_1510

まずは本堂より参拝します。

IMG_1514

次は大師堂。大師堂の中には納経所もあり、本堂より大きな建物です。

IMG_1512

IMG_1513

堂内はこんな感じ。巡拝用品等も売られているので、忘れ物をしても大丈夫!(笑)

IMG_1507

小坊主は本堂に居ました。

参拝終了後、すぐ横にある納経所で御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

四国別格二十霊場 第十一番札所
生木山 正善寺 生木地蔵(いききざん しょうぜんじ いききじぞう)

西山興隆寺より20分程で到着。境内はコンパクトで、駐車場は境内にあります。

IMG_0823

到着後、すぐ参拝を開始しました。

IMG_0814

手水場もコンパクト。階段の脇にありました。

IMG_0816

本堂は階段を上がった場所にあります。

IMG_0812

次は大師堂へ。本堂脇の建物が大師堂になっていました。

参拝後、本堂の隣にある、生木地蔵が彫られていた霊木を見に行きました。

IMG_0821

IMG_0818

近くで見ると凄い迫力。

IMG_0817

雨乞石も本堂脇にありました。

参拝終了後、納経所で御朱印を頂き次の札所へ向かいました。
次は番号順なら六十番横峰寺なんですが、先に六十一番から打った方が効率的。
六十三番まで打った後、六十番へ向かう行程に変更し、まず六十一番へ向かいました。
続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

↑このページのトップヘ