いろいろ日記。

毎日のいろいろな事を書いていきます。

カテゴリ:四国遍路 > 四国別格二十霊場

四国別格二十霊場 第一番札所
仏王山 大山寺(ぶつおうざん たいさんじ)

このお寺は山の中腹にあります。
当然山道を上がって行く訳ですが、この道が予想以上の悪路・・・
対向車が来ない事を祈りながら運転してました。
おかげで一台擦れ違っただけで済みました・・・

しばらく行くと、駐車場らしきものを発見。車を止めて歩いて行くと、仁王門がありました。

IMG_9631

近くで見ると、かなりボロボロ・・・屋根はビニールシートだし・・・
仁王門の先を見てみると・・・

IMG_9635

階段しか見えないのでかなり凹む(笑)

仕方ないので登るかと思っていたのですが、仁王門に来るまでにあった看板を思いだす。
確か納経所はこっちみたいな看板が立ってたと思い、車の方へ引き返しました。
看板を見つけ、看板にある矢印の方へ車で登って行きました。
これが大正解!階段を登りきった所に駐車場がありました。

IMG_9637

鐘楼門

IMG_9638

IMG_9639

手水場
何やら凄いことになってました(笑)

IMG_9641

本堂

IMG_9642

大師堂

この日は風が強く、灯明やお線香に火を着けるのに苦労しました・・・

IMG_9640

小坊主もちゃんと居ました。

境内には大銀杏があり、これは弁慶お手植えと言われているらしいです・・・
そうと知ってたら写真撮ったのに・・・なので写真はありません。
他にも源義経ゆかりのものがあるらしいです。後で調べて知りました。
また見に行きたい所ですが、あの道を行かないといけないと考えると躊躇します(笑)

参拝を終え納経所に行くと、若いお坊さんが出てこられました。
そして子供達にお菓子の御接待を頂きました。ありがとうございます。
ここで別格霊場用の納経帳と御影帳、納札を購入しました。
新しい納経帳に御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第二番札所
東明山 童学寺(とうめいざん どうがくじ)

十二番札所に向かう前にちょっと寄り道。

IMG_9744

何か人の顔みたいな山門。こじんまりしてて可愛いかったです。
駐車場はこの右脇を抜けて少し行った所にありました。

IMG_9748

なかなか雰囲気のあるお寺です。
お遍路さんも見かけず、ほぼ貸切状態で参拝しました。

IMG_9740

手水場

IMG_9734

階段の上に本堂がありました。

IMG_9739

右隣に大師堂があり、順番に参拝しました。

参拝後、少しだけですが境内を見て回りました。

IMG_9737

切支丹灯籠

IMG_9750

これは何だろう?お参りしたのは覚えてるけど・・・

IMG_9753

ミニ四国八十八箇所のお砂踏み。ミニ別格二十霊場と、ミニ西国三十三箇所もあるらしい。

IMG_9735

小坊主もちゃんと居ました。

その他に、「お筆の加持水」と言う泉があるらしいのですが、場所が分からず見逃しました・・・
後で調べると、納経所の裏手にあったみたいです。

境内を散策後、納経所で御朱印を頂き、次の札所へ向かいました。続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第三番札所
月頂山 慈眼寺(げっちょうざん じげんじ)

二十番札所 鶴林寺の奥の院。思ってたより到着まで時間がかかりました・・・

早速参拝!と行きたい所ですが、このお寺は本堂がここから山道を登った所にあります。
まずはそちらへ向かいました。

IMG_0022

大師堂の横に鐘楼があり、その横に道があります。ここから本堂へ向かいました。

IMG_9998

少し歩くと観音様が居ました。ここからが本番という感じです。

IMG_9999

この道を見て子供達は引き返しました。ちょっと無理だろうと・・・
なのでここからは一人で登っていくことにしました。この判断は大正解!
理由は後々明らかになります(笑)。

IMG_0002

看板がありましたが、本堂はまだまだ先のようです・・・。早くもバテ気味・・・。

IMG_0001

雪があちこちで積もり始めました・・・。

IMG_0003

遂に道がこんな感じに・・・。雪と言うより氷に近い状態。
でもこの時、前方にお遍路さんの姿が少し見えたので、行けるだろうと思い、
写真に写ってる手すりに必死にしがみつきながら、何とか登って行きました。

IMG_0005

やっと山道を登りきりました・・・。雪積もってるし・・・。

IMG_0013

氷柱なんて見たの何十年振りだろう・・・。

IMG_0011

手水場らしきもの(笑)。

IMG_0014

やっと本堂に到着。先に到着してたお遍路さんに挨拶し、参拝を済ませました。
穴禅定の方へも行ってみました。

IMG_0008

冬の間は閉鎖中で入れません。機会があれば入ってみたいなぁ。
辺りを少し散策した後、来た道を引き返しました。

IMG_0017

帰りもこんな感じです(笑)。大師堂まで戻った時はヘトヘトでした・・・。

IMG_0024

大師堂でもちゃんと参拝して脇にある納経所へ。御朱印を無事頂きました。

IMG_9995

鐘楼

IMG_0020

大師堂へ到着した頃から吹雪状態になってきました・・・。風邪引きそう・・・。

IMG_0021

子供達が待っている間に雪だるま作ってました。あんまり綺麗じゃないけど(笑)。

予想以上に時間がかかってしまったので、急いで次の札所へ向かいました。
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第四番札所
八坂山 八坂寺 鯖大師本坊(やさかざん やさかじ さばだいしほんぼう)

IMG_0161


日和佐の薬王寺から室戸の最御崎寺に向かう道の途中にあります。
このお寺で徳島は最後。感慨深いものがありました。

到着後、早速参拝することにしました。

IMG_0158

山門は無く、境内もこぢんまりとしたお寺でした。

IMG_0153

境内入ってすぐの所に鐘楼がありました。

IMG_0152

本堂

IMG_0156

大師堂

IMG_0155

大師堂の前には鯖の石像がありました!

大師堂の脇に裏へ抜ける道があり、多宝塔の看板が立っていたので行ってみました。

IMG_0159

立派な多宝塔がありました。立派な宿坊もありました。

本堂の隣の建物にはお砂踏洞窟もありましたが、時間の都合で入りませんでした。

IMG_0154

小坊主もちゃんと居ました。少しボロボロですが(笑)。
手水場の写真は撮り忘れてました・・・

そして参拝後、納経所で御朱印を頂き、いよいよ修行の道場、高知へ向かいました!
続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第五番札所
高野山 大善寺(こうやさん だいぜんじ)

高知県の別格二十霊場はこの札所だけ。こんな所にあったんだ!て感じでした(笑)。

IMG_9804
駐車場のすぐ隣が大師堂です。本堂はこの脇にある階段を上って行った所にあります。

IMG_9787
登り口には何故か鳥居があります。

IMG_9802
思ってたより急坂です・・・

IMG_9800
お大師様発見!

IMG_9799
階段を上りきった所にモノレールがありました。急な石段を登れない参拝者用とのこと。
ちなみにモノレールと繋がっている建物が納経所です。

IMG_9798
やっと本堂のある境内へ到着。まずは鐘楼が建っています。

IMG_9792
手水場

IMG_9793
奥にある建物が本堂。ちょっとびっくりしたのは内緒です(笑)。
本堂の参拝を終え、来た階段を戻り、駐車場脇にあった大師堂へ。
大師堂の参拝も終え、少し離れた場所にある納経所へ向かい、無事御朱印を頂き、
次の札所へ向かいました。続く・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第六番札所
臨海山 福寿寺 龍光院(りんかいざん ふくじゅじ りゅうこういん)

こんな市街地の中にあると思わず、少し迷ったんですが、何とか到着。
駐車場はあまり広くなく、大型バスとかで埋まっていて、少し待って停める事ができました。

IMG_9895
駐車場脇にある階段から境内へ向かいます。

IMG_9896
階段の途中にはミニ四国百八ヶ所(四国八十八ヶ所+別格二十霊場)があります。

IMG_9909
階段を上がりきると正面に本堂が見えました。早速、参拝を始めました。

IMG_9899
手水場

IMG_9906
鐘楼

IMG_9903
鐘楼の近くにはお大師様。

IMG_9907
大師堂は本堂の右隣。参拝を終えると御朱印を頂きに納経所へ。

IMG_9904
納経所は本堂と大師堂の間を抜けて奥にありました。
境内はこじんまりとしていましたが、お手入れが行き届いていて気持ちよかったです。

IMG_9900
境内からは宇和島城が見えました!行きたかったけど、時間の関係で断念。

IMG_9905
最後に小坊主。
この日はハードスケジュール。急いで次の札所へ向かいました。続く・・・。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第七番札所
金山 出石寺(きんざん しゅっせきじ)

狭い山道を何キロも走らないといけないし、途中、まさかの大型バスに遭遇!
こんな狭い道に、大型バスで乗り込むのはいかがなものかと・・・。
何とか駐車場まで辿りつき、休む暇もなく境内へ向かいました。

すぐ境内かと思いきや、駐車場から境内までは思いのほか距離がありました。

IMG_9958
境内へ向かう途中に突然出現!
写真だと普通の大師像に見えますが、かなり大きいです。

IMG_9957
神馬?像も。

IMG_9956
また階段!てかまだ境内が見えてきません・・・。

IMG_9960
階段を上った所に山門。

IMG_9974
山門を抜けてやっと本堂かと思いきや、また階段が・・・。
階段手前の右側に納経所があり、左側には境内には珍しい茶店があります。

IMG_9962
手水場は階段の入り口にありました。手水で身を清めた後、階段を上ります。

IMG_9971
階段を上ると、それらしい建物が見えてきました。

IMG_9970
参道わきには牛と鹿の像がありました。説明文を読む時間も無く、通り過ぎました・・・。

IMG_9967
やっと本堂に到着。さっそく参拝開始。本堂は一番奥にありました。

IMG_9969
次は大師堂。

IMG_9965
小坊主は本堂に居ました。大師堂では見かけなかったような・・・。

参拝後、御朱印を頂きに納経所へ。無事御朱印を頂いた後、急いで駐車場へ。
この時点ですでに午後四時半を回った所。納経時間は午後五時迄・・・。
間に合わないとは思いつつ、この日の予定では最後の札所へ向かいました。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第八番札所
十夜ヶ橋 永徳寺(とよがはし えいとくじ)

渋滞もありましたが、何とか到着。午後五時はとっくに過ぎています・・・。
駐車場を見ると、大型バスがあり、お遍路さんの姿も見えたので、まさかと思い
納経所の方を見ると、片づけをしてちょうど納経所を閉めようとしている所でした。
急いで車を停めて納経所へ向かい、時間過ぎてますが納経はだめですか?と聞くと、
全然大丈夫ですよ!と快く引き受けてくださいました。ありがとうございました!
本当は最後に御朱印を頂くのですが、先に御朱印を頂いてから参拝することに。

IMG_9994
まずは手水場。境内は道路沿いにあってこじんまりした感じ。

IMG_9980
順序通りに本堂から参拝開始。お世話になった納経所はこの建物にあります。

IMG_9993
本堂の右横に大師堂。

そして、「橋の上では杖をつかない」という風習の由来の地となる場所へ。

IMG_9984
境内から橋の下を見ると、沢山のお遍路さんが!
何とあの橋が十夜ヶ橋!通って来た時は全然気が付きませんでした。
上の道路は国道になっていて、かなりの車が行きかっています。想像と違っててびっくり(笑)。

とりあえず橋を渡り、橋の脇にある階段から下へ降りて行きました。

IMG_9985
橋の下はこんな感じになっていました。

IMG_9987
野宿修行が出来るらしい。
IMG_9989
お布団の奉納とかあんまり見たことないなあ。

ここでもきちんと参拝をしました。鯉のえさを売ってたので購入。
川には沢山の鯉が居て、えさをやると気持ち悪いぐらいに鯉が寄ってきました(笑)。
あまり長居するのも迷惑だと思い、適当に切り上げて橋を後にし、車へ戻りました。
もう納経所は閉まってて、人も見当たらず。最後にもう一度、お礼を言えなかったのが心残りでした。
この日はこの札所で打ち止め。かなりバテた一日でした。お遍路は続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第九番札所
大法山 徳盛寺 文殊院(だいほうざん とくせいじ もんじゅいん)

四十七番札所から四十八番札所へ向かう道の途中にあります。
四十七番札所からは数分で到着します。
前の札所の件もあり、ナビを設定せずに出発したんですが、危なく通り過ぎそうに(笑)。
思ってたよりこぢんまりとしたお寺だったので・・・。

到着してすぐ、参拝を開始しました。

IMG_0292
山門は無く、代わり?に石碑が立っていました。

IMG_0293
お遍路さんにはおなじみ、遍路の開祖とも言われる衛門三郎の伝承があります。
このお寺は衛門三郎ゆかりのお寺で、衛門三郎と8人の子供の位牌も伝わっているそうです。

IMG_0290
境内はこんな感じでこぢんまりしています。
衛門三郎の伝承があまりにも有名なので、もっと大きなお寺だと勝手に想像してました・・・。ごめんなさい。

IMG_0277
境内を入ってすぐの所に鐘楼。

IMG_0278
まずは本堂らしき建物から参拝。たぶん本堂。間違ってたらごめんなさい。

IMG_0286
次は大師堂らしき建物で参拝。たぶん大師堂。間違ってたらまたまたごめんなさい。

IMG_0280
こぢんまりとした境内でひときわ目立つ大きな修行大師像。
ちょっと見にくいですが、木の脇にあるのは衛門三郎夫妻の像です。

IMG_0287
猫ものんびりお昼寝中。

IMG_0284
小坊主も居ましたが、この小坊主しか見当たりませんでした。

この後、納経所で無事御朱印を頂き、焦りながら次の札所へ向かいました。
続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第十番札所
仏法山 西山興隆寺(ぶっぽうざん にしやまこうりゅうじ)

国分寺からは40分ぐらいだったと思います。少し迷いましたが何とか到着。
到着後、駐車場から山の方へ歩いて境内へ向かいます。

IMG_0763

歩き始めてすぐにこの赤い太鼓橋がありました。御由流宣(みゆるぎ)橋です。
ここから境内は見えません。結局、かなり歩くことになりました。

IMG_0807

みゆるぎ橋から少し歩いた所に立派な仁王門がありました。

IMG_0768

仁王門からさらに歩いた所に地蔵堂。歴代のご住職を祀るお堂だそうです。

IMG_0769

地蔵堂から歩いて次に現れたのは牛石。口の所に草をねじ込んで参拝します。

IMG_0773

参道はこんな感じで上まで続いています。早くもバテ気味(笑)。

IMG_0775

IMG_0777

途中には千年杉の切り株や、古来より夫婦の狸が住むとされる楠などがあります。

IMG_0805

勅使門

IMG_0778

何かの門(笑)。

IMG_0780

納経所はこの右側。勅使門の奥の建物にあったと思います。
境内へはまだこの石段を上がって行きます。この辺りから愚痴が出始めました(笑)。

IMG_0781

宝物館。もう近くに行く気力もありません(笑)。

IMG_0800

IMG_0799

IMG_0798

石段を上がっていくと、立派な石垣があってびっくり。この石垣の上が境内になってました。

やっと境内へ到着。一休みしてから参拝を開始しました。

IMG_0784

鐘楼は境内の隅の方にあります。

IMG_0796

手水場で手を清めてから参拝。

IMG_0787

まずは本堂から。

IMG_0783

次に大師堂。本堂の向かい側にあります。

IMG_0792

大師堂脇の石段の上に三重塔。気力を振り絞り(笑)、上に行ってみました。

IMG_0793

IMG_0795

上は狭く、近すぎて三重塔の写真は撮れなかったので、上から境内の写真を撮ってみました。
ちゃんと石段上がりましたよって言う証拠写真です!(笑)

IMG_0786

境内には他にも見所が沢山で、とてもじゃないけど全部は見て回れませんでした。
このお寺は、別名「もみじ寺」とも呼ばれているそうで、紅葉の時期はそれはキレイだとか。

IMG_0785

小坊主もちゃんと居ました。

参拝終了後、来た道を引き返し納経所へ。
ここで団体さんの納経とかち合ってしまい、御朱印を頂くまでに30分以上待ちました・・・。

IMG_0801

待ってる間に天狗さんを撮りました(笑)。納経所の建物の壁にありました。
この後、御朱印を頂き次の札所へ急ぎます。続く・・・。





にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

↑このページのトップヘ