「はりまや橋公園 地下広場」へ行く。

行ってたのはだいぶ前。

DSC_1070

「はりまや橋」と言えば、高知を代表する観光名所。
休日ともなると多くの観光客で賑わう訳ですが(そうでもないか)、 自分的にはコッチの方が見所があるんじゃないかと思ってます。

今のはりまや橋、公園付近も昔はこんなキレイじゃなかったですよね。

DSC_1069

はりまや橋と言えばコッチ!と言うイメージの方は少なくないハズ。
昔は、日本三大ガッカリ名所の一つだなんて言われてた事もあったり(笑)。
さすがに今は言われてないだろうと思いますけどね・・・。

で、この「はりまや橋」近くに、地下通路への入口があります。

DSC_1068
DSC_1067

こっちへ向かってる人はほとんど見ないですね。 自分が行った時も自分一人だけしか居ませんでした。

では下りて行ってみましょう!

DSC_1061

下りたすぐの場所に広場の様なスペースがあります。
そこに色々な展示がありました。

DSC_1059
DSC_1062
DSC_1065
DSC_1064

高知にまつわる色んな情報の展示です。個人的に気になったのは高知の偉人達かな。
スペースはありそうなので、もっと沢山の偉人を紹介して欲しいなあ。

DSC_1060

広場からはこんな感じで通路が伸びています。通路沿いにも展示があります。

で、通路の突き当りは・・・

DSC_1052

また広場になっています。個人的にはこちらの展示の方が面白かった。

DSC_1053
DSC_1054
DSC_1055

こちらの広場は、「はりまや橋」に関する展示が主になっていました。
歴史や由来が詳しく解説されているので、なかなか面白いです。
「はりまや橋」見るよりもコッチ見た方がいいんじゃないか?と思うくらいです(笑)。

一通り見た後、地上へ。

DSC_1076
DSC_1072

ちょうど向かい側に出てきます。
こちら側の方もちょっとした公園になってます。

DSC_1075
DSC_1073
DSC_1074

「南国土佐を後にして」歌碑があり、その後ろには親子鯨が居ます。
一時間おきぐらいに歌碑から歌が流れ、それに合わせて親子鯨が潮を吹くと言う仕組み。
なかなか素晴らしいモノなんですが、隣に有名なコレがあるので・・・

DSC_1077

こちらはお馴染み「からくり時計」。こちらも一時間おきに作動します。
からくりが動き出すと立ち止まって見る方が多いです。
こっちに気を取られがちですが、隣の鯨にも注目しましょう!(笑)

昔は地下道は暗くて怖いイメージがありましたが、今はそうでも無かったです。
人が居なさ過ぎて逆に怖いってのはあるかもですが。特に夜とかは。
たまには地下道を通るのも面白いなと思いました。また行こう。

by カエレバ

 


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です