お遍路に行く。12回目(平成24年11月18日)七十一番札所・弥谷寺

四国八十八箇所 第七十一番札所
剣五山 千手院 弥谷寺(けんござん せんじゅいん いやだにじ)
七十番札所からは30分ぐらいで到着。山門前に無料駐車場がありましたが、満車・・・。
仕方がないので山の中腹辺りにある有料駐車場へ向かいました。
有料駐車場へ向かう道の入口にゲート付料金精算所があり、そこで先払いします。
ゲートを抜け、あまり広くなくクネクネした道を登って行くと、駐車場がありました。
現在は無料駐車場から送迎バスが出ており、有料駐車場は無くなった模様。送迎バスは有料です。

IMG_1957

駐車場の隅に手水場がありました。ここで手を清めてもあまり意味が無いような(笑)。

IMG_1959

金剛拳菩薩像もありました。山門は無料駐車場の近くにあるので写真は無し。

IMG_1962

この札所はとにかく石段が多いです。写真は百八階段で、石段の数が煩悩の数!
自分達は中腹からでしたが、下からだと当然、石段を上がる距離は伸びる訳で・・・。
有料駐車場へ停めたのは結果オーライだったかも。
ここからは境内へ向けてひたすら石段を上って行きます。

IMG_1965

石段を上り切った所に看板がありました。まずは本堂の方へ向かいます。

IMG_1967

参道途中で苔むした石段を発見。雰囲気がありますね。上に見えるのは多宝塔かな?
行ってみたかったけど、滑りそうで危険そうなのと体力が持たないと思ったので断念(笑)。

IMG_1969

修行大師像の前を通って先へ進みます。

IMG_1970

参道の突き当りに鐘楼がありました。

IMG_1971

鐘楼の横からまた長い石段が続いてました・・・。

IMG_1973

長い石段の途中に観音堂があります。向かい側には十王堂。(写真無)

IMG_1997

石段を上がった所には岩窟の護摩堂。

IMG_1994

護摩堂の先には水場があります。

IMG_1975

更に進むと通夜堂と思われる建物があります。この建物が気味悪くて・・・。

IMG_1977

更に参道を進むと分かれ道。写真の方へ行くと阿弥陀三尊磨崖仏。
まずは本堂から参拝する為に、真っすぐ参道を進みます。

IMG_1979

やっと本堂へ到着。最後にまた石段!(笑)到着後、すぐ参拝しました。
参拝終了後、本堂へ来るまでに通り過ぎた阿弥陀三尊磨崖仏を見に行きました。

IMG_1988
IMG_1991

実際は写真より薄暗くてちょっと怖いです・・・。

IMG_1982

一円玉が岩に張り付いていたんですが、これ何だろう?記憶に無い・・・。

IMG_1992

岩には梵字や仏さまが彫られているそうなんですが、だいぶ風化してて見えにくいです。

IMG_1993

水場辺りはほんと気味が悪くて・・・。じゃあ写真撮るなよって話なんですが(笑)。
後で知ったんですが、弥谷寺は「死霊の寺」として知られ、
青森の恐山、大分の臼杵磨崖仏と並ぶ日本三大霊場に挙げられているそうです。
また死者を供養する「弥谷参り」と言う風習が今も残っているという事です・・・。
その「弥谷参り」で、水場に死者の霊を降ろしていくらしいんですよ・・・。
そりゃ気味悪いのも仕方ないよなあ・・・。
ここの写真を撮った後、もう逃げるように(笑)来た道を戻り、大師堂へ向かいます。
そうなんです。まだ参拝は終わってないんです!(笑)

IMG_2005

大師堂はこの石段の上の建物の中です。もう石段見たくない!(笑)

IMG_2006

大師堂へは靴を脱いで建物に上がり参拝します。

IMG_2018

大師堂はこんな感じです。納経所はこの隣にあります。
参拝終了後、建物の中を見て回りました。

IMG_2009
IMG_2010

大師堂の奥には獅子之岩屋があります。
弘法大師が幼少の頃に学問をし、後に密教の修行をした場所だそうです。

IMG_2016
IMG_2015

洞地蔵尊と言われるモノもありました。案内通りにしゃがんで上を見ると見えました!
写真ではピントが合ってないけど上の方に見えてるのがそうです。
全ての参拝を終え、納経所で御朱印を頂きました。この時点でかなりバテ気味。
しかし時間的にはまだまだ余裕。疲れた体にムチ打って次の札所へ。続く・・・。


にほんブログ村←こちらもクリックお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です