いろいろ日記。

毎日のいろいろな事を書いていきます。

2016年12月

※写真は本文と一切関係ありません。文字だけでは寂しいので載せてみました(笑)。
IMG_7057

いよいよ大晦日。2016年も終わりますね。
せっかくなので、個人的にちょっと振り返ってみようかと。
普段、自分の事はあまりココには書かないんですけど・・・。

世の中でも大きなニュースがありましたが、個人的にも大きな事があった一年。
その中でも一番大きな出来事は、20数年間勤務していた会社を退職した事かな。
去年の今頃は、そんな事は考えてもいなかったけど・・・。

何があったかはココでは書きません。
知りたい人は、リアルに連絡を取って聞いて下さい(笑)。何でも喋ります(笑)。

約半年前に退職したんですが、それからひと月ぐらいは何やっていいのか分からず、
ただ一日を無駄に過ごしていた様な気がします。
何かやりたくて準備して辞めた訳では無かったので。

三ヶ月程経ってから、徐々に自分のやりたい事が見えて見えてきたかな。
それからは勉強したり、実際に体験してみたりと、かなりアグレッシブに動きました。
かなり充実した日々を過ごした気がします。

あと、毎日が休みの様なモノなので(笑)、家族との時間はかなり増えました。
数年前なんかは仕事が忙しくてほとんど遊びにも連れて行けなかったから・・・。
色んな所に行ったり、色んな事を一緒にやったり出来たのは良かったかなと。

ほとんど放置してたブログも、9月の初旬から再開しました。
途中になってたお遍路記事を最後まで書く事、毎日更新を年末まで頑張ろうと決めての再開。
この二つは何とか達成出来ました。ちょっと燃え尽きてる感もありますが・・・(笑)。

ブログを再開する前は、フェイスブックの方を主に活動してましたが、
ブログを再開してからはフェイスブックの方が放置気味になってる悪循環・・・(笑)。

かなり前にアカウントを取って放置してたツイッターも始めてみました。
未だに使い方とかよく分からないけど・・・。
絡み方がイマイチ分からず、不愉快な思いをさせてしまった方も居るかもしれません。
この場を借りてお詫び申し上げます。ゴメンナサイ。
これから使い方とかを模索して行こうかなと思っています。温かい目で見てやってください。

会社を辞める事で繋がりが切れた人も多く居ますが、それ以上に多くの出会いもありました。
特に、SNSやブログ繋がりで出会った方々が本当に多かった。
色んな考えや知識、アドバイスを頂いて、かなり勉強になりました。ありがとうございます。
今年は自分自身、生きてきた中で、一番収穫があった年だったように思います。

かなり波乱万丈な人生を歩んできたと、自他共に認められている自分ですが(笑)、
今年の後半は本当に穏やかな時間が過ごせました。

↑今までの人生で、何があったかはココでは書きません。
知りたい人は、リアルに連絡を取って聞いて下さい(笑)。

※写真は本文と一切関係ありません。やっぱり文字だけでは寂しいのでもう一枚載せてみました(笑)。
DSC_0868

さて、来年の抱負ですが、まずは働く事!(笑)
やっぱり収入が無いと何にも出来ないです。やりたい事も出来ません。
なので、自分が手っ取り早く稼げるサラリーマンに戻る事に決めました。

実は起業も考えたんですが、今の状態だと100%失敗すると考えました。
取り敢えず稼ぎながら、やりたい事の方は準備も含めて進めて行こうかなと。
なので来年は忙しくなりそうです。でも家族との時間はちゃんと取るつもりです。

前職では、長い間同じ会社に勤務してたので、変に情みたいなモノがわいてたんですね。
この、情みたいなモノが結構自分を縛ってて、仕事ファーストになっちゃってた。
〇〇〇ファーストって一度使ってみたかった(笑)。
でもそれに気付けたので、これからどんな会社に就職しようがもう大丈夫かなと。
最悪、また辞めればいいだけの話だから。もう情に縛られる事は無いです。

長々と書いてしまいました・・・。
一番言いたい事は、今年一年ありがとうございました!って事です(笑)。
本当に感謝だけしかありません。関わってくださった方、全てに感謝。

それでは皆様、よいお年をお迎えください!
来年もどうぞよろしくお願い致します。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村




そろそろお正月の準備をしとかないと・・・と言う事で、
高知県庁前で毎週開かれている街路市、「木曜市」へ行ってみました。
「日曜市」があまりにも有名ですが、高知市内では、他にも街路市が開かれます。
上町では「火曜市」、百石町では「水曜市」、愛宕町では「金曜市」等・・・。
何故か「月曜市」が無いんですが、何故だかは分かりません(笑)。

IMG_7008

「木曜市」に来るのはおそらく初めてだと思われます。来た記憶が無い・・・。
「日曜市」より規模は小さいですが、思ってたよりはお店が多く賑わっている感じ。

IMG_7012

IMG_7013

午後に行ったので、既に片付けをしてるお店がちらほらと・・・。
それでも色んなお店があって、見てるだけでも面白いですね。

IMG_7009

うどんも売ってた!後は焼き鳥なんかもあって、小腹が空いた時は重宝しそう。

IMG_7010

芋天があったので購入。子供達がお腹が空いたって言うもんで(笑)。
大平商店さんの芋天はほんと美味しいですね!道端で芋天を食べながら少し休憩。

IMG_7011

お正月用品はあちこちで売られてて、否が応でもお正月気分が高まります。

休憩後、目的だったお餅を買いに行きました。

IMG_7014

IMG_7015

こちらのお店が良さげだったので、ここで購入する事にしました。
のし餅より切り餅の方が使いやすいと言う事だったので、そちらにしました。
三色のと白いのとを一つずつ購入しました。

IMG_7018

IMG_7019

しめ縄も隣で売られてましたが、しめ縄は買わず、輪じめをお餅と一緒に購入しました。
他にもお正月飾りなんかも買いたかったんですが、お値段が合わずに断念(笑)。

目的の買い物を終え、「木曜市」を後にしました。
せっかくなので、追手筋で開かれている年末恒例の「しめ縄市」へも行ってみる事に。

IMG_7025

歩いて行く途中に高知城が見えたので撮ってみました。
このアングルで撮るとなかなかシブい・・・。

IMG_7026

ついでに山内一豊公の像も。勇ましい・・・。

IMG_7034

IMG_7035

で、「しめ縄市」へ到着。見ての通り、ほぼ終わりかけって感じ(笑)。
午前中とかに行った方が良さげですね。今年は大晦日まで開かれているそうです。
結局、ここでは何も買わず・・・。

せっかくなので(笑)、「ひろめ市場」も覗いてみました。
新しいお店とか出来てて、オシャレな感じのスペースもありましたよ。
相変わらずの凄い人でしたが・・・。

IMG_7036

「ひろめ市場」内のお土産とか売ってるお店で見つけました。
ミレービスケットの超ビッグパック!こんなの出てたんだ・・・。知らなかった・・・。
ヘビーユーザーにはミレーの枕が最強だと思いますが(笑)。

IMG_7037

同じお店にこんなモノも売ってました。えらい安くないですか?
思わず2個も買っちゃいましたよ(笑)。

バタバタして駆け足の買い物でしたが、なんか楽しかったですね。
去年までは年末ギリギリまで仕事だったので、こんな風に買い物とか行けなかったので。
さあ次は年越しそば買いに行くぞー!(笑)




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国別格二十霊場 第二十番札所
福大山 大瀧寺(ふくだいさん おおたきじ)

大窪寺からは車で1時間と少しぐらい。思いの外時間が掛かりました・・・。
お寺は海抜940メートルの大瀧山上にあり、トイレが無いと聞いていたので、
途中、夏子ダム休憩所で休憩してから札所へ向かいました。

駐車場はお寺の少し手前にあり、そこから歩いて行きます。
駐車場に着いた辺りから雪が激しく降り出したので、急いで参拝へ向かいました。

IMG_2869

山門はありません。道路から石段を少し上がった所が境内になります。

IMG_2875

駐車場からだと、写真の坂の方から境内へ入って行けます。

雪が積もり始めたので急いで参拝開始!(雪道を走る装備は全く無し!)

IMG_2863

境内の隅の方に鐘楼らしきモノが見えました。なお、鐘は撞けない模様・・・。

IMG_2865

手水場も一応・・・。

IMG_2862

まずは本堂より参拝。

IMG_2866

次は大師堂。一瞬どれが大師堂か分からなかった(笑)。
建物の凹んでる所がそうです。その右側の部分が納経所でした。

IMG_2851

IMG_2864

本堂の小坊主、足が無かった・・・。怖いよ・・・。

参拝をあっと言う間(笑)に終え、納経所で御朱印を頂きます。
御朱印のついでに、こちらで「満願証」(有料)が頂けると聞いたのでそちらと一緒に。
「満願証」は、四国別格二十霊場を全て打ったと言う証みたいなモノです。
せっかくなので記念に頂く事にしました。しかし時間が掛かると言うので少し待つ事に。
で、出来上がった「満願証」を頂き、急いで駐車場へ。

IMG_2874

IMG_2877

雪が止む気配が無く、どんどん積もっていってる状態。こりゃヤバイぞ・・・。

IMG_2879

車もスグには発進出来ない状態!(笑)ヒーターで雪を溶かしてからやっと発進・・・。

IMG_2882

帰り道は気を付けながらノロノロ運転で帰りました。
途中、雪で道がよく分からなくなってしまい、とんでもない道に入り込んでしまった・・・。
無理やりUターンして事なきを得ましたが・・・、あのまま進んでたらヤバかったな・・・。
山を下るにつれ、雪が雨に変わり始め一安心。最後にこんな試練が待ってるとは(笑)。
無事下山した後、帰宅。

お礼参りでこのまま一番札所へ向かうお遍路さんも居るんですが、
自分達は二巡目も行こうと思ってたので、お礼参りはしませんでした。
高野山へのお礼参り、この時点では行きたいなと思ってたんですが、まだ行けず。
いつか家族全員で行ってみたいですね。

取り敢えず一巡目のお遍路日記は終了。えらい長く掛かってしまった・・・。(足掛け4年)
四国八十八箇所霊場+四国別格二十霊場の計108霊場なので計108記事!
最初書くと決めた時は終わりが見えなかったけど、何とか終える事が出来ました。
まあ自分がブログサボってたから時間掛かっただけなんですけどね(笑)。

この後は、二巡目のお遍路日記を続けて書いて行きたいと思ってます。
記事の内容も少し変えたいなと思ったり。まあそのうちに(笑)。

楽しみに読んでくれてる方が居たかどうかは分からないけど(笑)、
長い間ありがとうございました!なんとか一段落出来ました。
また二巡目でお会いしましょう!(笑)




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

四国八十八箇所 第八十八番札所
医王山 遍照光院 大窪寺(いおうざん へんじょうこういん おおくぼじ)

四国八十八箇所、最後の札所。ここまで来るのに本当に長かった・・・。
駐車場に車を停め、境内へ向かいました。

IMG_2823

駐車場から歩いてすぐの場所には大きな仁王門があります。
ここからまだ少し歩いた所にもう一つ仁王門があり、歩きの方はそちらから行くみたい。

IMG_2830

仁王門の裏側には大きな草鞋がありました。

IMG_2827

手水場や・・・

IMG_2828

鐘楼も仁王門近くにありました。

IMG_2832

仁王門からすぐの参道沿いには、お砂踏み道場もありました。

IMG_2834

参道をどんどん進んで行くと・・・

IMG_2842

いよいよ本堂が見えて来ました!感慨深いですね・・・。

IMG_2841

先程の写真を撮った位置から振り返るとこんな感じ。
奥に見えてるのがもう一つの仁王門です。面倒なので行くのは止めましたが(笑)。

IMG_2840

まずは本堂へ参拝します。いつもより少し長めに参拝しました。報告とかあったので。
納経所は本堂の近くにありますが、一旦スルーして大師堂へ参拝に向かいます。

IMG_2843

参道沿いには石仏が沢山・・・。

IMG_2846

参道を歩いて行くと、宝杖堂(ほうじょうどう)が見えて来ました。

IMG_2847

宝杖堂には、結願したお遍路さんから奉納された金剛杖が、沢山並んでいました。
尋常じゃない数だ・・・。それだけお遍路さんも多いと言う事なんだろうな。

IMG_2848

宝杖堂の前には原爆の火が灯されていました。あの時の火が今も灯されているとの事。

IMG_2849

大師堂へ到着後、すぐ参拝。参拝を終えた後は来た道を戻り、納経所へ。

IMG_2837

IMG_2851

小坊主も何だか誇らしげ。

こちらの納経所では、「結願証」を発行してもらえます(有料)。
四国八十八箇所を全て回ったと言う証明書みたいなモノ?です。
御朱印と一緒に、「結願証」も納経所の方にお願いしました。
少し待って、御朱印と「結願証」を無事ゲット。これで四国八十八箇所を結願となりました!

ここで終了!といきたい所なんですが、まだ別格霊場が残っています。
次の札所が本当の最後。少し天候も怪しくなってきたので急いで向かいます。続く・・・。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

帯屋町を散策していた時、何故かふと思い出したんです。
そう言えば最近食べてないなあと。
ちょうど近くまで来てるし、買いに行こう!と言う事で行って来ました。

DSC_0815

はりまや橋近くにある「甘栗次郎」さんです。甘栗と言えばココじゃないでしょうか。
もう営業されて何十年になるんだろ?自分の小さい時には既にあった記憶があります。

この付近を歩いてると、甘栗のいい匂いが漂ってるんですよね。
で、ついつい買ってしまうと言う高知あるある(笑)。

DSC_0816

いろんなサイズがありますが、自分達は1,000円(350g)をチョイス。
家に持って帰り食べる事にしました。

DSC_0819

小さい頃、この袋を見ると凄く嬉しかったのを覚えてます。
なかなか食べられなかったからなあ・・・。

DSC_0820

食べやすいサイズの甘栗がゴロゴロと。たまりませんねえ・・・。

DSC_0821

袋の後ろには甘栗のむき方が載ってます。うちの子供達はむき方知らなかったです。
今は皮をむいたモノを売ってるからなあ・・・。なのでむき方を教えながら食べました。

DSC_0822

ちょっと汚い写真ですいません(笑)。あと、下に敷いてるのは金高堂さんの紙袋(笑)。
金高堂さんごめんなさい!

皆が無口になって集中して食べたもんだから、あっという間に無くなってしまった・・・。
久しぶりに食べた甘栗は、美味しくて懐かしい味でした。近いうち、また買いに行こう。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

どうぶつ展」へ行った帰り、今年最後の日曜日だから日曜市へ行こう!と言う事になり、
用事は無かったんですが行ってみました。

DSC_0798

DSC_0799

時間は午後3時頃だったので、もう既に片付けをしているお店も結構ありました。
お店が歯抜けになっててちょっと寂しい感じになってた。もっと早く来ればよかった・・・。

で、芋天を買って食べながら、日曜市をブラブラと散策しました。
前に来た時には見なかったお店なんかもあって、見てるだけでも楽しいですね。

DSC_0801

お正月のモノをあちこちでよく見ました。しめ縄とかお飾り、ゆずり葉や橙とかもあった!
もうすぐで今年も終わるんだなあと改めて感じた事でした。

その散策途中にある事を思い出し、追手筋沿いにある「珈琲堂」さんへ向かいました。

DSC_0807

日曜市のある時は前にテーブルとか出してて、そこでコーヒーとかが飲めます。
まずは休憩がてら、コーヒーを頂くことにしました。

DSC_0803

自分はホットコーヒー。

DSC_0804

長女はまさかのアイスカフェオレ。寒くないか?(笑)

DSC_0805

嫁さんと末っ子はホットカフェオレ。二人で分け合って飲んでました。

で、ここへ来たのはコーヒー豆を買う為。実は数日前に買いに来てたんですが・・・


まさかの臨時休業だったので買えなかったんですよね。
もう自宅のコーヒー豆の在庫が無くなってたので、買いに来たのでした。

1482645627953

いつもどれにしようか迷ってしまう・・・。
どれが自分の好みに合うのか分からないので、順番に全種類飲んでみようかなと。

DSC_0802

この日はキリマンジャロにしてみました。どんな味がするか楽しみだなあ。
取り敢えず当面のコーヒー豆を確保。お正月にコーヒー難民にならずに済んだ(笑)。

コーヒー休憩の後、ココから帯屋町のアーケードの方へ散策に行きました。

DSC_0808

高知城がなんかカッコよかった。

DSC_0809

ニワトリが境内に居る神社があるんですよ!分かる人には分かるかな?
このまま外に出て行きそうでヒヤヒヤしました(笑)。結局境内に引き返していったけど。

この後は帯屋町周辺を色々と散策し、帰宅。なかなか充実した一日でした。





にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

DSC_0794

「もりたうつわ製作所」さんで、12月15日〜12月25日迄行われていた「どうぶつ展」。
最終日にやっと行く事が出来ました!

DSC_0796

DSC_0795

「もりたうつわ製作所」さんに来るのは今月に入って2回目。前回は陶芸教室で来てました。
関連記事:もりたうつわ製作所の陶芸体験教室へ行く。

ギャラリーへ入ると沢山の人が!最終日と言う事もあって人が多めだった模様。
色んな作家さんの作品が展示&販売されていました。まずは一通り見て行く事に。

DSC_0789

DSC_0776

かわぞえうどうさんの作品。めちゃくちゃ可愛い!長女が飛びついてた!(笑)
本の間に挟まれてる猫?ちゃんが目を引きました。

別の場所にはこんなモノも・・・

DSC_0792

コレめっちゃ欲しかったー!(笑)

DSC_0793

森田将文 さんの作品。展示されてたイラストを食い入るように見てしまいました。
何にも無い所からここまで細かく描写出来るのは凄いなあと。

DSC_0779

asakozirusi尾浅子さんの作品。消しゴムはんこに感動しました。
元は消しゴムなのにここまで表現出来るんですね。

DSC_0786

玉木かつこさんの作品。これいいなあ・・・。
シンプルなんですけどちゃんと存在感があるんですよね。

DSC_0785

川原将太さんの作品。なんというか一言で言うとパワフル!
凄くパワーが漲ってる作品でした。お値段もパワフル(笑)で手が出なかった・・・。

DSC_0784

フフフ〜ン部シンイチさんの作品。絵柄が素敵な器でした。使うのが勿体ない!(笑)
実用品と言うよりは飾って楽しむ器って感じ。

DSC_0778

なかひらじゅんこさんの作品。
なかひらじゅんこさんは桂浜のワークショップでお会いしてました。
関連記事:第43回龍馬まつりin桂浜へ行く。
今回はちゃんとお話ししてみたいと思ってたんですが、お姿が見当たらず・・・。
キャラクターが面白くて可愛くてカラフルで素敵。
トートバッグがいいなと思って見てたんですが、
ちょっと可愛すぎるのでおっさんには厳しいかなと・・・。自分が女子なら買ってた(笑)。

DSC_0783

びりびりみくじ売り切れてた!残念・・・。

DSC_0782

柴田ケイコさんの作品。シバラー(笑)の自分としてはここは見逃す訳にはいきません!
紙モノより置きモノが欲しいなと思い物色。

DSC_0781

自分はめがねさんなのでこの眼鏡置きが欲しかったんですが、ココで嫁さんからの一言。
「あんた眼鏡ずっとしちゅうき持っちょっても意味ないやんか。」と・・・。
仰る通りです・・・(汗)。寝る時以外はずっとめがねさんでした・・・ハハハ・・・。

DSC_0787

嫁さんの心に突き刺さる一言で作戦変更(笑)。この一輪挿しを買う事にしました。
前に購入しただるまの一輪挿しと並べて置こうかなと。

1482641231820

写真には撮ってなかったんですが、他にも作家さんの素敵な作品がありました。
結城琴乃さんの作品は、色彩はシンプルなんですが、造形が可愛かったです。
ブローチとか、自分が女子なら買ってた(二回目)。
越智明美さんの作品は凄かったです。どうやったらあんな色が出せるのかなと。
ちょっと興味があったんですが、怖くて値段は見られませんでした(笑)。
倉橋孝彰さんの作品は見逃してました。何処にあったんだろう・・・。すいません・・・。

DSC_0777

越智明美さんの作品の隣には顕微鏡があって、ミジンコとか見られる様になってました。
コレは子供が大喜びでした。同じ様に大人が興奮してたのは気付かれてないハズ(笑)。

DSC_0791

もりたうつわ製作所さんの作品もちゃんとありました。あー全部欲しい!(笑)
最終日の忙しい中、所長とお話しさせて頂いて恐縮でした。
声を掛けて頂いてありがとうございました!

DSC_0790

アウトレットコーナーに素敵なお皿があったので購入。
これとは別に、コースターと小皿を嫁さんが購入してました。

今回、初めて見るクリエイターさんの作品もあり、かなり楽しめました。
行けてほんとに良かった!来年もこんな企画があるといいな。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

クリスマスイブの朝、サンタさんが我が家へクリスマスケーキを届けてくれました!

DSC_0765

サンタさんの写真撮るの忘れちゃった・・・。

初めての体験に子供達はかなり大喜び!
それを見てる自分達も、なんだかホンワカした気分になりました。朝からいい気分。

後で箱をよく見ると、模様とか文字が手書きで書かれてました。これがまたいい感じ。
こんな所にも気遣いがあるとほんと嬉しいですね。

ちなみに、今年のクリスマスケーキは、「B&M SURF&CAFE」さんの
クリスマスココアシフォンケーキにしました。

DSC_0470

以前、「B&M SURF&CAFE」さんへ行ってた時に注文してました。
関連記事:B&M SURF&CAFEへ行く。

食べたくなるのを我慢し(笑)、一旦保管。夕食後にいよいよ登場です!

DSC_0766

ケーキの上の飾りは自分達で食べる前に載せました。
シフォンケーキで柔らかいので、載せて持ってくると崩れるのでとの事。
なんかうまく載せられずに変な感じになっちゃった・・・。

DSC_0768

ロウソクもちゃんと付いてましたよ。この後に子供達が火を吹き消しました。
小さい頃は何度も息を吹きかけてやっと消えたロウソクの火も、一瞬で消えました。
二人ともほんと大きくなったんだなあとしみじみ・・・。

ではいよいよ食べますよー!

DSC_0769

嫁さんが切り分けてくれましたが、まさかの四分の一カット。食べきれるかな?(笑)
で、食べてみましたが、このシフォンケーキはほんと美味しかったです!
丁度よい甘さ加減もあり、四分の一カットがあっと言う間に消えてなくなりました(笑)。
ほんと楽しいクリスマスイブでした。近いうちにまたお店に食べに行こう。

子供が寝た後、もう一人のサンタさんが、プレゼントを枕元に用意していました。
朝、起きた時の子供達の反応が楽しみです。喜んでくれるといいんだけど。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村


水曜どうでしょうDVD第26弾「四国八十八ヵ所3・日本全国絵ハガキの旅2」
予約開始日と同時に、水曜どうでしょうフィギュア「其の13」がローソンで発売されました。


フィギュアシリーズももう13弾!
今回の目玉は、何といっても「米屋」じゃないでしょうか!(笑)
で、いつもの様に近くのローソンへDVDの予約に行ってた訳なんですが、
ここのローソンはフィギュアの入荷無し・・・。仕方無いのでDVDの予約だけ済ませました。
次の日から、通りすがりのローソンに討ち入りを(笑)繰り返す事10数軒・・・。
遂に置いてあるローソンを見つけました!



店頭に置いてた、1箱(8個入)を購入。ちなみに箱買いすると全種類揃います。

で、家に持ち帰り、開封してみました。

DSC_0726

DSC_0734

こんな風に入ってました。組み立てて一個一個見て行きますよー。

DSC_0736

まずは「鶴のon返し」。「ヨーロッパリベンジ」前枠で登場しましたよね。
突っかえ棒もちゃんと再現されてますよ!(笑)

DSC_0738

次は「イタリアの種馬」。初めて登場したのは「サイコロ3」ですね。
大泉さんが韓国で買った、「BALENTINO」の皮ジャケットがまさかのフィギュア化(笑)。
ちなみに、本物のスペルは「VALENTINO」です。BじゃなくてV!(笑)

DSC_0737

ピンボケでスイマセン・・・。「ミスター花瓶マネキン」です。
「東北生き地獄ツアー」で、ミスターが花瓶に扮装したやつです(笑)。
あんなツアーが今あったら行ってみたいなあ。

DSC_0740

「スポンジ縦noちゃん&タオルonちゃん」は「十勝十番勝負」で登場しましたね。
温泉で大泉さんと共演してました。ちょっとマニアック過ぎないか?(笑)

DSC_0744

最後は、「米屋ハングオンスタイル」です。
「原付東日本縦断ラリー」で、ミスターがハングオンを決めた瞬間がフィギュア化!(笑)
右の米屋(笑)はシークレットです。半袖の方が通常版。

DSC_0741

こんな所まで忠実に再現されていますよ。

DSC_0743

この合体「上」「下」シリーズは、別売りのHONDAカブフィギュアに乗せる事が出来ます!
以前に発売されてた、嬉野Dと藤村Dの「上」「下」フィギュアと一緒に並べてみました。
せっかくなので、HONDAカブフィギュアに乗せて遊んでみる事に(笑)。

DSC_0745

なかなか臨場感がありますね!ジオラマとか作ってみると面白そうだ・・・。

DSC_0749

DSC_0750

米屋なので荷台に米を載せてみました(笑)。
別売りの荷台シリーズと組み合わせればこんな感じになりますよ。
その日の気分で荷物も変えられます!(笑)

DSC_0747

もちろんチーム40も再現可能です!(笑)

DSC_0748

全員集合させてみました。後は大泉さんだけですね。権利の関係で難しそうだけど・・・。
ミスターのフィギュアもあくまで「米屋」ですもんね。何とかインチキ出来んのか(笑)。
しかしほんとよく出来てます。藩士心をくすぐるラインナップ。其の14が待ち遠しい!

ところで最近、ミスターがこんなつぶやきを・・・


遂に新作が始動するようですね!でもコレって大泉さんにバレちゃうんじゃ(笑)。
来年は色々動きがありそうで楽しみです。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

何を食べようか迷った時によく行くのが「一汁三菜食堂」さん。
以前は「青柳店」とか「卸団地店」によく行ってたんですが、
最近はもっぱら「高知インター店」を利用する事が多いです。

DSC_0527

ココは駐車場もそこそこ広いので使い勝手がいいんですよね。

で、とある日の昼食・・・

1481086783841

お腹が空いてたのでガッツリ系。フライパンが目立ちますねぇ・・・

1481086790192

カツの卵とじは注文してから作ってくれます。思ってたよりボリュームがありました。
他のおかず要らなかったかな・・・。かなりお腹一杯になりました。

1481086912526

カツ丼風にして食べたら激ウマでした!

で、別の日は夕食を食べにやって来ました。

DSC_0637

この日も食べ過ぎですね(笑)。ついつい多めに取ってしまうんですよね・・・。

1481969807096

DSC_0638

メニューで豚汁うどんてのがあったので、思わず注文してみました。
これも注文してから作ってくれます。

DSC_0639

豚汁うどんに温泉たまごをトッピングしてみました。これでマズイ訳が無い!(笑)
こうやって自分で色々組み合わせられるのがこの形式のお店のいい所。
難点は、上にも書いてますが、いっぱい取りすぎて食べ過ぎちゃう事かな(笑)。
近いうちにまた行こうっと。




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ