【お遍路に行く2】四国八十八箇所第八十四番札所・屋島寺

行ってたのは令和元年8月12日。
お遍路遠征十二回目。この日、最後のお寺です。

四国八十八箇所 第八十四番札所
南面山 千光院 屋島寺(なんめんざん せんこういん やしまじ)

八十三番札所からは車で40分位で到着。お昼ご飯にうどんを食べてから屋島寺のある屋島山頂へ向かいました。

前に来た時は山頂へ向かう道(屋島ドライブウェイ)の入り口に料金所があり、そこで通行料を支払う必要があったんですが、今は料金所も撤去されて通行料は無料になっています。

その代わり、山頂にある駐車場が有料になってました。料金は後払い式で確か300円でした。

駐車場から札所までは少し歩く事になります…。

屋島は源平合戦の古戦場跡でもあり、香川県有数の景勝地でもあります。

また水族館もあり、お遍路以外でも何回か来た事があります。

この日は屋島寺でお遍路を早めに切り上げ、水族館へ行こうという算段でした(笑)。

駐車場から歩いて行くと、鮮やかな朱塗りの山門から境内へ入る事になります。

以前は朱色が褪せてピンク色になってたんですけど、塗り直したんですね…。

山門を抜けると、広大な境内が姿を現します。

水族館や瓦投げのある獅子ノ霊巌(ししのれいがん)へ行くには境内を通り抜けて行く事になるので、かなりの人で賑わっていました。

お遍路さんの姿は少なく、ちょっと寂しい気もします…。

山頂にあるお寺なので空が近い…。日差しもキツイ…(笑)。

境内には石仏や宝塔等があちこちに配置されています。鐘楼も奥に見えました。

参道沿いにはお堂が建ち並んでいます。

千体堂には千体の観音が祀られているそうです。

千体堂の隣には三体堂があります。三体堂には阿弥陀如来、釈迦如来、鑑真和上が祀られているそうです。

三体堂の隣には一願不動尊がありました。その隣に大師堂があります。

大師堂の奥には熊野権現があり、その手前には七福神像が並んでいます。

ここを左に折れて参道を進んでいきます。

突き当りに見える近代的な建物は宝物館。手前左側に見えるのは納経所で、タヌキが居る所が箕山大明神。そのすぐ隣が本堂になります。

一旦境内を通り抜け、正面の入り口である山門の方へ向かいます。

下から石段を上がって歩いて来ると、この山門が境内への入り口となります。

ここから参拝をスタートしました。

山門を抜けると正面に本堂が見えます。

山門を抜けてすぐの場所に手水場。

鐘楼はこの右手奥の方にありますが、撞いてる人を見たことが無いのでもしかしたら撞けないのかも…。

まずは本堂より参拝しました。室町時代の再建と伝わる本堂は国の重要文化財。かなり雰囲気があります…。

本堂の隣には箕山大明神。四国狸の総大将と崇められ、日本三大狸にも数えられる太三郎狸が祀られています。

ここに来れば四国のタヌキのボスに会えます!(笑)

次に大師堂へ参拝しました。参拝終了後は、御朱印を頂きに納経所へ。

一休小僧は本堂に一体居ました。柱の陰に隠れてたので見逃す所でした(笑)。

この日のお遍路はこの札所で打ち止め。無事御朱印を頂いた後は、水族館の方へ向かったのでした(笑)。

たまにはこんなのんびりとしたスケジュールのお遍路もいいですね。

次の遠征でいよいよ結願です。今年中に二巡目終了の予定。次回に続く…。

屋島寺DATA
本尊:十一面千手観世音菩薩
真言:おん ばざらたらま きりく
宗派:真言宗御室派
開基:鑑真和上
御詠歌:あずさ弓 屋島の宮にもうでつつ 祈りをかけて勇むもののふ
電話番号:087-841-9418
住所:香川県高松市屋島東町1808
駐車場:有料・400台(境内まで徒歩3分)
※駐車場はゲート式で出庫時に機械で精算。普通車300円
宿坊:なし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です