【お遍路に行く2】四国八十八箇所第八十三番札所・一宮寺

行ってたのは令和元年8月12日。
お遍路遠征十二回目。この日三つ目のお寺です。

四国八十八箇所 第八十三番札所
神毫山 大宝院 一宮寺(しんごうざん だいほういん いちのみやじ)

八十二番札所からは車で30分ぐらいで到着。駐車場はお寺から少し離れた所にあります。

この日はどの札所も空いてて、こちらの札所も余裕で駐車する事が出来ました。団体さんにも全然合わず…。

最近はお遍路をする人が減ってると何かの記事で見ましたが、実際に回ってると凄く実感します…。

駐車場からは少し歩きます。田んぼの横を通り境内へ向かいます。

こちらの門から境内へ入りました。

まずは境内を通り抜けて仁王門の方へ向かいました。

こちらの仁王門が正面の入り口になります。ここから参拝を開始しました。

山門を抜けると正面に本堂が見えます。最初に入ってきた門は左奥にあります。

小ぢんまりとした境内ですが、手入れが行き届いていて気持ちいいです。

鐘楼は本堂の手前にありました。

手水場は本堂近くにありました。

まずは本堂より参拝します。

大師堂は本堂を右手に曲がった先にあります。

こちらが大師堂。中では写経体験が出来る様です。時間があればやってみたかったな…。

大師堂へも参拝完了。少し境内を散策してみる事にしました。

大師堂の左隣には護摩堂がありました。

手水場の横には薬師如来祠があります。

薬師如来を祀る小さな祠なんですが、頭を入れると地獄の釜の音が聞こえるんだとか…。

一巡目の時はやらなかったんですが、今回は挑戦してみました。

頭を入れて耳を澄ますと、確かに何か音が聞こえてきました…。末っ子もやったんですが、同じ様に何か聞こえると…。

ちょっと涼しくなってきたので他の場所を散策する事に(笑)。

本堂の横には稲荷堂がありました。その前には…

一宮御陵と呼ばれる3基の宝塔があります。こちらは隣接する田村神社から神仏分離で移されたものだそうです。

ちなみに田村神社は讃岐国の一の宮。その田村神社の別当寺として、寺名を大宝院から一宮寺に改めたのだそうです。

境内の隅の方に菩薩堂?もありました。

一通り境内を見て回った後は、御朱印を頂きに納経所へ。

一休小僧は本堂や大師堂の前には居なかったんですが、見つけてしまいました…。

建物の脇に隠すように置かれてました…。老朽化が激しいのでこんな風に処分されて居なくなっていくんでしょうね…。

納経所で無事御朱印を頂いた後は、八十四番札所へ向かいました。続く…。

一宮寺DATA
本尊:聖観世音菩薩
真言:おん あろりきゃ そわか
宗派:真言宗御室派
開基:義淵僧正
御詠歌:さぬき一 宮の御前にあおぎきて 神の心を誰かしらゆう
電話番号:087-885-2301
住所:香川県高松市一宮町607
駐車場:20台(境内まで徒歩3分・無料)
宿坊:なし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です