【四国中央市新宮町】「霧の森菓子工房 新宮本店」へ行く。【霧の森大福】

行ってたのは少し前。お遍路へ行った帰りに立ち寄ってみました。

いつもは納経受付時間が終わる17時ギリギリまで回ってるんですが、この日は16時ぐらいに切り上げたので立ち寄る時間が出来ました。

高速から降りて少し行くと「道の駅 霧の森」があり、そこの駐車場に車を停め、歩いて「霧の森」の方へ。

この橋を渡った所が「霧の森」。実は初めて来たんですけど、こんな風になってたんですね…。

橋の下の方で声が聞こえたので覗いてみると…。

多くの方が川遊びをしていました。川の方まで下りていけるように階段が整備されていました。気持ちよさそうだなあ…。

看板があったので見てみました。結構大規模な施設なんですね。温泉や宿泊施設まであるとは知りませんでした…。

とりあえずゆっくりしたかったので、カフェの方へ行ってみる事にしました。

カフェへ向かう途中にレストランもありました。茶そばとか看板が出てて美味しそうでした…。

歩いて行くと、菓子工房が見えてきました。カフェはここを左へ曲がった突き当りにありました。

まずはそちらへ行ってみましたが、何と少し前にオーダーストップになってました…。時計を見ると、もう16時半を回ってました。ちなみにオーダーストップは16時半と書いてありました。残念だけど、仕方ない…。

と言う事で、せっかくなので菓子工房へ入って見る事にしました。

ここで有名なお菓子は何といっても「霧の森大福」ですよね。大人気でなかなか手に入らない事でも有名。

閉店間際だし、絶対売り切れてるだろうなと思いましたが、まあダメもとで行ってみようと店内へ。

閉店間際なので行列も無し。カウンターに居た店員さんに「霧の森大福」はありますかと聞くと、何とありますとの事!びっくり!

絶対買えないと思ってたのでめちゃくちゃ嬉しかったなあ。でも聞くと賞味期限が短いので、一箱だけ買う事にしました。

凄い人気で店頭の分はすぐ売り切れちゃうと聞いてたんですけど、今はそうでもないのかな?それとも運がよかった?

他にもこの地域特産のお茶なども販売されていました。ゆっくり見てみたかったんですけど、もうすぐ閉店時間だったので写真だけ撮らして頂いて退散…。

お茶の手揉み体験も出来るみたいですね。自分が小さい頃は、おばあちゃんが庭先でよく茶葉を揉んでたもんですけど、いつの間にやらすっかり見なくなりました…。すごくいい香りが辺りに漂ってたのを今でも思い出します。

手揉み体験いいなあ(笑)。今度は時間に余裕を持って来ようと思った事でした。

買って帰った「霧の森大福」は、翌日頂きました。箱の写真撮るの忘れてました…。

包み紙を開くと、お茶のいい香りが!

半分に切って中身もお見せしたい所ですが、そんな事は面倒なのでやりませんよ(笑)。

大福の中にこしあんが入ってて、こしあんの中にクリームが入ってるという手の込んだ大福。抹茶が外側にまぶしてあるんですけど、お餅自体にも練り込まれてるそうです。

抹茶の苦みと、あんことクリームの甘さがちょうどいいバランスでめちゃくちゃ美味しい。これは人気なのも納得の味でした。

せっかくなのでもっと買えばよかったなあ(笑)。今度はもうちょっとゆっくりと散策しに行きたいと思います!ついでに「霧の森大福」もまた買えるといいな!

霧の森
住所:愛媛県四国中央市新宮町馬立【地図
電話番号:0570-07-3111
営業時間:施設ごとに要確認
定休日:施設ごとに要確認
駐車場:あり
※それぞれの施設詳細はホームページで確認しましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
デアゴスティーニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です